版画講座3

この講座では浮世絵版画の伝統的なプロセスを学びながら、木版画制作を行います。江戸の浮世絵師によって描かれた作品を下絵として、彫刻刀やバレン、刷毛など実際に専門の道具を使い、彫りと摺りを行います。
バレンを使い和紙に摺られた線や色面は、木版画ならではの凹凸を生み、手仕事でのみ表現出来ます。
最後に「使える」木版画として、また和紙の温かみのある質感や木版画特有の摺りによる効果を味わえるブックカバーに仕立てます。
※制作物のサイズはA4です。下絵は北斎、写楽などを用意しています。

  • 講師
    吉田 潤(本学芸術学部版画コース特任講師)
  • 定員
    15名
  • 受講料
    10,000円 ※別途材料費3,000円
  • 日程
    全4回/土曜日/13:00〜16:00
    ▶ 第1回 10月17日 版下制作、貼り込み、主版彫り(彫り説明)
    ▶ 第2回 10月24日 色版彫り
    ▶ 第3回 11月7日 色版彫り、摺り(摺り説明)
    ▶ 第4回 11月21日 摺り、ブックカバー制作、講評
  • 会場
    京都精華大学 本学までのアクセスはこちら
  • works1
  • works1
  • works1

吉田 潤
東京藝術大学大学院修了。2010~13年、東京藝術大学油画科および同大学院版画(木版画研究室)教育研究助手を務める。「第1回アダチUKIYOE大賞」大賞(10年)、「第19回 鹿沼市立川上澄生美術館木版画大賞展」審査員特別賞、「第1回空想美術大賞展」奨励賞(13年)、「第12回浜松市美術館版画大賞展」入選(14年)など。個展・グループ展多数。

  • 公開講座ガーデンは、実技も講義も充実した、京都精華大学の生涯学習プログラムです。

  • 公開講座ガーデンは申込制です。お申し込みや講座についてのご質問はこちらへ。

  • 伝統的な技法を体験する紙漉きや版画の講座から、デザインや手芸の講座まで。小学生向けのアート教室やマンガ教室も開催しています。

ページトップへ