陶芸講座

江戸時代には、菓子や料理を盛りつけるために〈角皿〉というかたちが発展しました。
本講座では、まず粘土を用いて、板づくりの角皿を成形します。
次に、その角皿の側面に型紙を用いて染付の文様を施します。
さらに、多彩な漆を絵の具のように用いた〈うるし絵〉の技法によって、
角皿の表面に絵柄や文字などを描いていきます。(参考となる絵柄も用意しています)
最終回には、角皿に菓子などを盛りつけて茶話会を行います。
*かぶれにくい漆を使用しますが、かぶれには個人差があるので予めご了承下さい。

  • 講師
    中村裕太 (美術家/本学非常勤講師)/ゲスト講師:染谷聡 (美術家/本学非常勤講師)
  • 定員
    15名
  • 受講料
    12,000円 ※別途材料費 4,000円
  • 日程
    全4回/土曜日/13:00〜17:00
    ▶ 第1回 7月4日 角皿の板づくり/型紙の作成/素焼き
    ▶ 第2回 7月11日 角皿の仕上げ/型紙の転写/本焼き
    ▶ 第3回 7月18日 漆絵/乾燥
    ▶ 第4回 7月25日 茶話会/講評
  • 会場
    京都精華大学 本学までのアクセスはこちら
  • works1
  • works1

中村裕太
2011年京都精華大学大学院芸術研究科博士後期課程修了。博士(芸術)。京都精華大学・京都造形芸術大学非常勤講師。〈民俗と建築にまつわる工芸〉という視点からタイル、陶磁器などの理論と制作を行なう。工芸を作り手の視点から読み解き、その制作の方法を探っていく〈APP ARTS STUDIO〉 という教育プログラムを運営。
http://nakamurayuta.jp/http://appartsstudio.tumblr.com/

ゲスト講師:染谷聡※第3回目のみ
2014年京都市立芸術大学院美術研究科博士後期課程修了。博士(美術)。京都精華大学・京都造形芸術大学非常勤講師。漆芸における加飾を研究し、京都を中心に作品発表。APP ARTS STUDIO メンバー。
http://www.imuraart.com/artist/archive/post_10.html

  • 公開講座ガーデンは、大学の施設や設備を使って、実際に手を動かしながら学ぶ講座を用意しています。

  • 公開講座ガーデンは申込制です。お申し込みや講座についてのご質問はこちらへ。

  • 伝統的な技法を体験する紙漉きや版画の講座から、デザインや手芸の講座まで。小学生向けのアート教室やマンガ教室も開催しています。

京都精華大学オープンキャンパス2016 京都精華大学オープンキャンパス2016
ページトップへ