2016年前期プログラム デザインの可能性[空間論演習1]

日程
2016年4月22日(金) ~ 2016年7月8日(金)
時間
18:00
会場
京都精華大学 風光館3階 F-331(建築学科フォーラム)

来場人数や大学側の都合により会場を変更する場合があります。
変更の際はTwitter (@seikaarchitect)等でお知らせします。

詳細

この連続レクチャーシリーズは、デザイン学部教員およびゲスト講師がデザインをめぐる対談や講演を行います。デザインに関する各領域を超えて、さまざま角度からの視点を捉ることで新たな発想が生まれ、思考の可能性が広がることを期待します。デザイン学部の授業「空間論演習」となっていますが、オープン講義ですので他の学部・学科の学生や一般のみなさまも自由に聴講できます。参加費無料につき是非ご参加ください。

プログラム

001 4月22日 「NEW VISION NAVIGATOR」
豊永政史(デザイナー/フォトグラファー/京都精華大学デザイン学部ビジュアルデザイン学科教員)
002 4月29日 「仕事の領域」
進藤 強(建築家/株式会社ビーフンデザイン一級建築士事務所代表)
003 5月6日 「あそびがつなぐ 子どもの明日」
宍戸信子(子どもと育ち総合研究所主任研究員)
004 5月13日 「"好き"を"仕事"に. 自分らしい働き方が見つかる!」
秋元久雄(株式会社平成建設 社長)
005 5月20日 「ドローン 空間とテクノロジーの邂逅」
佐々木賢一(トライポッドワークス株式会社 代表取締役社長)
006 5月27日 「巨大3Dプリンターによる建設革命が始まった」
家入龍太(ジャーナリスト/株式会社イエイリ・ラボ代表取締役)
007 6月3日 「モテるまちづくり~まちづくりに疲れた人へ。」
谷 亮治(社会学者/京都市まちづくりアドバイザー)
008 6月10日 「TORAFU ARCHITECTS 2004-」
鈴野浩一(建築家/京都精華大学客員教員)
009 6月17日 「新幹線:空間デザインの可能性」
福田哲夫(インダストリアルデザイナー/京都精華大学客員教員)
010 6月24日 「The Structure of Thoughts 思考の構造」
平沼孝啓(建築家/平沼孝啓建築研究所主宰)
011 7月1日 「映画の中の都市空間 - 近年のVFX技術が開く新たなパースペクティブ」
堀口 徹(建築批評家/近畿大学専任講師)
012 7月8日 「Parallel Activity」
新井清一(建築家/京都精華大学デザイン学部建築学科教員)

「デザインの可能性」 2016年度前期プログラム [PDF:2.0MB]

問い合わせ先

京都精華大学 デザイン学部 建築学科
京都市左京区岩倉木野町137
architec@kyoto-seika.ac.jp



ページトップへ