京都精華大学マンガ学部主催 特別講義 みうらじゅん & リリー・フランキー & ひさうちみちお 悩み相談室

日程
2013年11月29日(金)
時間
16:20 ~ 17:50
会場
京都精華大学 明窓館2階 M-201

詳細

■主催:
京都精華大学マンガ学部
■講師:
みうらじゅん(マンガ学部 客員教員)
リリー・フランキー(イラストレーター)
ひさうちみちお(マンガ学部 ギャグマンガコース 教員)
■司会・進行:
吉村 和真(マンガ学部 教員)
■申し込み:
不要。ただし、多数の来場者が想定されるため、14:00から会場前にて入場整理券を発行し、整理券をお持ちの方から順に入場していただきます。

みうらじゅん先生、リリー・フランキー先生、ひさうちみちお先生への相談を受け付けます。相談したい方は2013年11月15日(金)までに以下のアドレスまでお寄せください。相談の受け付けは本学学生に限らせていただきます。

E-mail:nishikaw@kyoto-seika.ac.jp
※題名に「悩み相談応募」と記入ください。匿名でも受け付けますが、必ず学年・コース名を明記してください

【講師プロフィール】

みうらじゅん
1958年、京都市生まれ。武蔵野美術大学在学中に『月刊漫画ガロ』にてマンガ家デビュー。独特の世界観が人気を呼び、イラストレーター、作家、ミュージシャン、ラジオパーソナリティーなど幅広い分野で活動。97年、みうら氏の造語「マイブーム」が流行語大賞受賞。著書、音楽、映像作品も多数。2003年にマンガ『アイデン&ティティ』、09年には小説『色即ぜねれいしょん』が映画化された。2013年4月より京都精華大学 マンガ学部 客員教員。
リリー・フランキー
1963年、福岡県生まれ。武蔵野美術大学卒業。イラストやデザインのほか、文筆、写真、作詞・作曲、俳優など、多種多彩な分野で活動する。初の長編小説「東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~」は、2006年本屋大賞を受賞、220万部を超えるベストセラーとなったほか、オリジナル絵本「おでんくん」はアニメ化され、オリジナルグッズなども性別世代を超えて幅広い人気を集めている。俳優としての評価も高く、近作としては映画「そして父になる」(是枝裕和監督)、「凶悪」(白石和彌監督)にも出演している。
ひさうちみちお
漫画家。1976年漫画雑誌『ガロ』デビュー。以後マイナー誌、中間誌等に発表。単行本『夢の贈り物』『托卵』『精G』等。個展88年「H展」、92年「雲中供養幻想」、2000年「現代の風景」、08年「ひさうちみちおTシャツ展」。現在マンガ学部 ギャグマンガコース 教員。
吉村 和真
現在マンガ学部長、京都国際マンガミュージアム研究センター長を務める。専門は思想史・マンガ研究。主編著に『差別と向き合うマンガたち』(2007年)、『マンガの教科書』(08年)、『複数の「ヒロシマ」』(12年)など。

チラシデータ [PDF:438KB]

問い合わせ先

京都精華大学 教務課 マンガ教育
Tel:075-702-5262
E-mail:nishikaw@kyoto-seika.ac.jp



ページトップへ