マンガ文化論入門 文化としての「マンガ」を学ぶ

文化・芸術教養講座 出願について

  • 募集人数
    5名
  • 検定料
    1,000円
  • 受講料
    50,000円 ※65歳以上の方は30,000円
  • 科目一覧
     
    マンガ文化論入門 編成全科目のシラバス(講義概要)一括ダウンロード
    授業開講スケジュール(全科目共通)ダウンロード

    ※シラバスは2019年2月5日時点の情報で、一部未公開の科目有り。
     詳細は3月1日以降に本学Webで確認のこと。

    下記より6科目を選択履修。(7科目まで選択可)

    【前期】2019年4月8日〜7月27日

    ①マンガ文化論A 「性」と日本のマンガ文化 ※後期マンガ文化論Bと同内容

    ②作品研究 戦後マンガの深さと広さ

    ③脚本概論1 フィクションやマンガにとって「面白い」って何だろう

    ④マンガ表現史1 「マンガを読む」ことが日常生活に定着するまでの歴史

    ⑤風刺画論 風刺という思考と風刺表現の歴史

    ⑥キャラクター造形論1 広くて深いキャラクターの世界を知ろう


    【後期】2019年10月1日〜2020年2月1日

    ❶マンガ文化論B 「性」と日本のマンガ文化 ※前期マンガ文化論Aと同内容

    ❷脚本概論2 マンガ自体が脚本でもある

    ❸マンガ表現史2 「マンガを読む」ことが日常生活に定着してからの歴史

    ❹物語キャラクター論 ストーリーとキャラクターを創るための物語理論

    ❺キャラクター造形論2 多彩なキャラクタービジネスの現場と実態を知ろう

  • 前期開講曜日
     
    1
    9:00~
    10:30
           
    2
    10:40~
    12:10
           
    3
    13:00~
    14:30
           
    4
    14:40~
    16:10
          ④・⑤  
    5
    16:20~
    17:50
           
    後期開講曜日
     
    1
    9:00~
    10:30
           
    2
    10:40~
    12:10
             
    3
    13:00~
    14:30
           
    4
    14:40~
    16:10
          ❸・❹  
    5
    16:20~
    17:50
           
  • 会場
    京都精華大学 本学までのアクセスはこちら
ページトップへ