デザイン学部・公開講座 デザインレクチャーズ 2019年度[前期]

日程
2019年4月19日(金) ~ 2019年7月19日(金)
時間
18:00 ~ 19:30
会場
京都精華大学 対峰館 T-109

詳細

この連続レクチャーシリーズは、デザイン学部教員およびゲスト講師がデザインをめぐる対談や講演を行います。デザインに関する各領域を超えて、さまざま角度からの視点を捉ることで新たな発想が生まれ、思考の可能性が広がることを期待します。デザイン学部の授業「デザインレクチャーズ」となっていますが、オープン講義ですので他の学部の在学生や一般のみなさまも自由に聴講できます。是非ご参加ください。(無料・予約不要)

プログラム

001 4月19日 「クリエイティブ業界のサードウェーブについて」
黒田 貴泰(株式会社stu / WideWireworks株式会社CEO / クリエイティブアントレプレナー)
002 4月26日 「分析機器と医用機器のデザインと会社を飛び出すということ」
竹川 諒(デザイナー) × 中矢 知宏(プログラマー)
003 5月10日 「『キッチュ』への道――いかにして私はマンガ編集者となったのか」
呉 ジンカン(マンガ編集者 / スタジオキッチュ代表 / 嵯峨美術大学専任講師)
004 5月17日 「看板屋の生息域」
廣田 碧(看板屋 / グラフィックデザイナー)
005 5月24日 「“ありのまま”の表現を」
山田 愛(美術家 / 愛石家)
006 5月31日 「マニアックに行こう!復元イメージ制作現場の「描く / 応える / 考える」」
安芸 早穂子(考古学復元イメージ制作 研究アート協働活動・文化遺産体感ワークショッププロデュース)
007 6月7日 「SDGs時代の表現と仕事―副産物産店の実践より―」
山田 毅(只本屋代表) × 矢津 吉隆(美術家、kumagusuku代表)
008 6月14日 「デザインって何だろう」
吉原 香代子(デザイナー)
009 6月21日 「絵とタロットの話」
たてやま かな子(イラストレーター / タロティスト)
010 6月28日 「作家として生きること」
安田 知司(ペインター) × 前田 愛美(版画家)
011 7月5日 「本 小さくあること、大きくつくること」
仲村 健太郎(デザイナー)
012 7月12日 「TokyoTimeScape タイムラプスによる都市の表現」
稲継 泰介(稲継泰介写真事務所)
013 7月19日 「音楽・zine・障害福祉・ワークショップ 見出す機軸とデザインアプローチ」
吉田 朝麻(デザイナー)


ページトップへ