デザイン学部・連続レクチャーシリーズ「デザインの可能性[空間論演習2]」

日程
2017年10月6日(金) ~ 2018年1月26日(金)
時間
18:00
会場
京都精華大学 風光館3階 F-331(建築学科フォーラム)

来場人数や大学側の都合により会場を変更する場合があります。
変更の際はTwitter (@seikaarchitect)等でお知らせします。

詳細

この連続レクチャーシリーズは、デザイン学部教員およびゲスト講師がデザインをめぐる対談や講演を行います。デザインに関する各領域を超えて、さまざま角度からの視点を捉ることで新たな発想が生まれ、思考の可能性が広がることを期待します。デザイン学部の授業「空間論演習」となっていますが、オープン講義ですので他の学部・学科の学生や一般のみなさまも自由に聴講できます。参加費無料につき是非ご参加ください。

プログラム

038 10月6日 「環境とデザイン」
葉山 勉(建築家/京都精華大学 デザイン学部 建築コース教員)
039 10月13日 「泊まる × 空間のデザイン」
岩崎達也 + 龍崎翔子 + 矢津吉隆
(マガザンキョウト編集長)+(ホテルプロデューサー)+(美術家、kumagusuku 代表)
040 10月20日 「Fermented」
平田晃久(建築家/京都大学准教授)
041 10月27日 「建築を知る、のデザイン」
倉方俊輔(建築史家/大阪市立大学准教授)
042 11月10日 「テクノロジーとデザイン」
増田展大(京都精華大学 非常勤講師、美学・芸術学)
043 11月17日 「映像から想像する空間体験」
室 千草(映像作家/京都精華大学 建築コース 非常勤講師)
044 11月24日 「民俗と建築にまつわる工芸」
中村裕太(美術家/京都精華大学 芸術学部 教員)
045 12月1日 「建築の可能性を考える。神殿か住居か」
藤原徹平(建築家/横浜国立大学大学院Y-GSA准教授)
046 12月8日 「カタチ:人と状況のインタフェースの発見」
櫛 勝彦(京都工芸繊維大学教授、デザイン学)
047 12月15日 「ツール・スキル・メンタリティ」
ドットアーキテクツ(建築家ユニット:家成俊勝+赤代武志)
048 12月22日 「人と植物の関係をデザインする」
竹内一馬(京都精華大学 デザイン学部 デジタルクリエイションコース 教員)
049 1月19日 「絵本と建築」
小野 明(京都精華大学 デザイン学部 イラストコース 教員)
050 1月26日 「京都市の屋外広告物あれこれ」
出井豊二(京都女子大学生活デザイン研究所副所長・特任教授)

「デザインの可能性」 2017年度後期プログラム [PDF:929KB]

問い合わせ先

京都精華大学 デザイン学部 建築学科
京都市左京区岩倉木野町137
architec@kyoto-seika.ac.jp



ページトップへ