公開講座「アートと人種問題 ―ダナ・シュッツ、オクウィ・エンヴェゾー、在日作家の場合―」eitoeikoディレクター 癸生川栄氏講演

日程
2017年7月10日(月)
時間
10:40 ~ 12:10
会場
京都精華大学 黎明館1階 L-103

詳細

大学院・芸術研究科の授業「表現領域特論3」にeitoeiko ディレクター 癸生川栄氏をお招きします。

「リンチによって殺害された黒人少年の事件を元に描いた白人作家の絵画作品の展示が、黒人アーティストたちによって見ることを阻害された。この作品はホワイト・ウォッシュなのか。日本人が黄色人種という有色人種であることを認識するエンヴェゾーの2015年ヴェネツィア・ビエンナーレと、弊廊で開催した在日作家展から、同じ肌の色をした違う民族の作品について考える。」癸生川 栄

■ゲスト講師

癸生川 栄
eitoeikoディレクター。1972年千葉県生まれ。95年早稲田大学第一文学部文芸専修卒業。オークション 会社勤務を経て2009年現代美術の企画画廊「eitoeiko(エイトエイコ)」を東京・神楽坂にオープン。

eitoeiko
http://eitoeiko.com/

■授業について
「表現領域特論3」
大学院芸術研究科の専門特講科目。芸術制作環境としての公的制度/支援/法律/表現への制約への視点を身に付けることを目的としている。

■担当教員
岡本光博(大学院 芸術研究科 非常勤講師/作家/ギャラリー「KUNST ARZT」主宰)

KUNST ARZT
http://www.kunstarzt.com/



ページトップへ