在学生 個展「大東真也 個展」

日程
2018年9月11日(火) ~ 2018年9月16日(日)
時間
12:00 ~ 18:00
会場
KUNST ARZT

605-0033
京都市東山区三条神宮道北東角2F
Tel:090-9697-3786
http://www.kunstarzt.com/access/access.htm
出演・出展者
大東真也(大学院 芸術研究科 博士前期課程 1年)

詳細

地球には様々な素材が存在する。
その中でも硬質な物、透過性・反射性の
高いものに魅力を感じることがある。
金属やガラスなどの素材があり、
それらは日常の中で使用されることが多い。
例えばガラスは窓や瓶や食器、
金属は建築物や機械や硬貨などがある。
素材は生活の中で製品などになり、
素材として埋もれてしまう。
そして素材としての魅力を無意識に
見過ごしてしまうことがある。
私は日常の中の製品から今は
主にガラス瓶を作品制作に扱っている。
ガラス瓶の性質を利用し、熱を加えて
重力を利用して形を変形させ作品制作を行っている。
ガラス瓶という既製品(物)からガラスという素材へ
戻すことにより、ガラスという素材の元々持っている
透過性・色味・硬質感というような
魅力がより見える形になる。
そしてガラス瓶から逸脱した存在となり、
通常とは異なる視点を表現している。



ページトップへ