京都精華大学ダイバーシティ推進センター主催講演会 武田砂鉄氏「その人がその人として居られる社会と表現」

日程
2018年12月8日(土)
時間
14:00 ~ 16:00
会場
京都精華大学 友愛館 アゴラ

詳細

講演タイトル: 「その人がその人として居られる社会と表現」

講演概要:
「みんなが言っているからそうする」、その判断が作る空気によって、個人の意見が弾かれてしまうのは実に不健全。誰かが決めてくれるのを待ち構えているのはラクだけど、それを続けていると、やがて身動きがとりにくくなってしまう。「その人がその人として意見を持つ」とはどういうことなのか。日本社会が抱えている諸問題、報じるメディアの姿勢、どこまでも過剰になるコミュニケーションを分析しつつ、個人が個人の言葉を伝えるために、そして表現を投げかけるために何が必要か、考えます。

講演会ゲスト:武田 砂鉄(ライター)

プロフィール:
1982年生まれ。東京都出身。大学卒業後、出版社で主に時事問題・ノンフィクション本の編集に携わり、2014年からフリー。『紋切型社会――言葉で固まる現代を解きほぐす 』で第25回Bunkamuraドゥマゴ文学賞受賞。「cakes」「文學界」「VERY」「SPUR」「暮しの手帖」など多数の連載を持ち、他の著書に『芸能人寛容論』、『せいのめざめ』(益田ミリ氏との共著)、『日本の気配』などがある。



ページトップへ