今泉力哉

私は今、映画監督をしています。しかし、なぜ映画をつくっているのか、と問われると答えに困ります。映画は芸術であり商品であり娯楽でもあります。映画に限らず、ある種の創作物を生み出す人は「何かその作品を生み出すことで世の中をよくしたい」とか「誰かを救いたい」などと考えているべきかもしれません。でも私はこの世に伝えたいことも特にありません。でも映画をつくっています。そのあたりを軸に「してはいけないことなどない」という話をできたらなと思います。

  • 日時:
    12月5日(木)16:20~17:50
今泉力哉

講師:今泉力哉

いまいずみ・りきや●1981年福島県生まれ。コンビニや映画館など10種類以上のアルバイトを経て、俳優や監督の養成学校の事務員として正社員に。その傍らで自主映画をつくり続け、2010年「たまの映画」で商業監督デビュー。その後、会社をやめフリーに。1年に1本ペースで長編映画を監督、公開する。2013年「こっぴどい猫」でトランシルヴァニア国際映画祭最優秀監督賞受賞。「サッドティー」(14)、「知らない、ふたり」(16)、「退屈な日々にさようならを」(17)が東京国際映画祭日本映画スプラッシュ部門に選出。2018年、同映画祭コンペティション部門に初選出された「愛がなんだ」が2019年記録的なヒット作となる。最新作「アイネクライネナハトムジーク」(19)が公開中。公開待機作に「mellow」、「his」、「街の上で」(ともに20年公開予定)がある。

映画「愛がなんだ」
http://aigananda.com/

映画「アイネクライネナハトムジーク」
https://gaga.ne.jp/EinekleineNachtmusik/

  • 京都精華大学の開学した1968年から行われているトークイベントです。予約不要、入場無料。

  • アセンブリーアワー講演会に関するご質問はこちらへ。

  • 美術家、写真家、小説家、マンガ家、デザイナー、映画監督、ミュージシャンなど、さまざまな分野で活躍する方をお招きしています。

ページトップへ