白井聡

今年は明治維新150年であり、近代日本史への関心が高まっています。4年後の2022年には、維新から敗戦(1945年)までと、敗戦現在までの時間量がともに77年となり、日本近代の前半と後半が、ちょうど同じ長さになります。ここで考えたいのは、日本の近代化に大きな影響を与えた天皇制の問題です。本講座では、4月に刊行した『国体論――菊と星条旗』に基づき、「国体の形成・発展・崩壊」が二度繰り返される過程として、近現代日本史をとらえることを試みます。

  • 日時:
    2018年11月22日(木)14:40~16:10
    会場:京都精華大学 友愛館 アゴラ
白井聡

講師:白井聡

しらい・さとし●東京都生まれ。早稲田大学政治経済学部政治学科卒業。一橋大学大学院社会学研究科総合社会科学専攻博士後期課程単位修得退学。博士(社会学)。主にロシア革命の指導者であるレーニンの政治思想をテーマとした研究を手掛けてきたが、3.11を基点に日本現代史を論じた『永続敗戦論――戦後日本の核心』(太田出版)により、第4回いける本大賞、第35回石橋湛山賞、第12回角川財団学芸賞を受賞。著書に『未完のレーニン』(講談社、2007年)、『「物質」の蜂起をめざして』(作品社、10年)、『「戦後」の墓碑銘』(金曜日、15年)。最新作に『国体論 菊と星条旗』(集英社、18年)。

  • 京都精華大学の開学した1968年から行われているトークイベントです。予約不要、入場無料。

  • アセンブリーアワー講演会に関するご質問はこちらへ。

  • 美術家、写真家、小説家、マンガ家、デザイナー、映画監督、ミュージシャンなど、さまざまな分野で活躍する方をお招きしています。

ページトップへ