東村アキコ

膨大なマンガコンテンツを保有しつつ、IT社会におけるマンガのグローバル化に対応を迫られている日本の作家と出版社…。日々激変する環境の中、日本マンガが生き残っていくポイントについて考察したいと思います。

  • 日時:
    6月21日(木)14:40~16:10
東村アキコ

講師:東村アキコ

ひがしむら・あきこ●宮崎県生まれ。金沢美術工芸大学で油絵を学ぶ。1999年に『フルーツこうもり』(集英社)でデビュー。以来、続々と話題作を発表、現在最も注目を集めるマンガ家として精力的に執筆を続ける。近年の主な作品に、100万部を超える大ヒットとなった、『ママはテンパリスト』(集英社)、マンガ大賞、メディア芸術祭マンガ部門大賞を受賞した『かくかくしかじか』(集英社)、ドラマ化された『主に泣いてます』・『東京タラレバ娘』(共に講談社)など、多領域にわたる作品は、さまざまな読者の共感を呼んでいる。『海月姫』(講談社/講談社漫画賞受賞)はテレビアニメ化、実写映画化を経て、2018年1月にドラマ化もされた。現在『美食探偵 明智五郎』(集英社)、『雪花の虎』(小学館)、『偽装不倫』(XOY/Webマンガサイト)を好評連載中。

『偽装不倫』(2017年12月16日~連載中)

  • 京都精華大学の開学した1968年から行われているトークイベントです。予約不要、入場無料。

  • アセンブリーアワー講演会に関するご質問はこちらへ。

  • 美術家、写真家、小説家、マンガ家、デザイナー、映画監督、ミュージシャンなど、さまざまな分野で活躍する方をお招きしています。

京都精華大学オープンキャンパス 京都精華大学オープンキャンパス
ページトップへ