古屋雄作

──【弟】がうんこを水そうに入れてえさをあげている。
すべての例文に「うんこ」を使用するという衝撃の企画で280万部突破の大ヒットとなった「うんこ漢字ドリル」。その全6冊・3018本の例文を考案したのは、一人の映像ディレクター・古屋雄作氏だった。架空の生物の捕獲作戦や、「人の怒らせ方」のパターンがひたすら展開するビデオ、一般の青年をカリスマミュージシャンとして売り出すプロジェクトなど、型破りの発想から生み出される数々の作品。そこには彼の、ふざけたことを本気でとことんやる姿勢と、自らがおもしろいと感じたものを作品で他者に伝えたいという情熱が通底している。今回はそんな古屋氏に、代表作の制作秘話を聞き、発想の方法を学びたい。


●古屋雄作さんへの質問を大募集!
古屋さんへのご質問、特に当日聞いてみたい話などを募集します。
garden@kyoto-seika.ac.jp(講演会事務局メールアドレス)まで、件名を「5/17アセンブリーアワー」として送信してください。

  • 日時:
    5月17日(木)14:40~16:10
古屋雄作

講師:古屋雄作

ふるや・ゆうさく●1977年愛知県生まれ。2004年、テレビディレクター業務の合間に自主制作した映像作品『スカイフィッシュの捕まえ方』で注目される。以降、撮り下ろしのオリジナルDVDを中心に、テレビドラマ、書籍、ウェブ動画など様々なジャンルで活動。主な作品に『人の怒らせ方』シリーズ(ビクターエンタテインメント)、連続ドラマ『神話戦士ギガゼウス』(関西テレビ)、『マグマイザー』(BSスカパー!)など。2017年に自らが全ての例文を手がけ、刊行した『うんこ漢字ドリル』(文響社)は、発売から1年で累計300万部を突破し、空前のヒット中。2018年3月に同シリーズ最新作『うんこ漢字ドリル テスト編』が刊行された。
http://yusakufuruya.com/

  • 京都精華大学の開学した1968年から行われているトークイベントです。予約不要、入場無料。

  • アセンブリーアワー講演会に関するご質問はこちらへ。

  • 美術家、写真家、小説家、マンガ家、デザイナー、映画監督、ミュージシャンなど、さまざまな分野で活躍する方をお招きしています。

ページトップへ