藤田貴大

漫画家・今日マチ子の代表作であり、沖縄戦に動員された少女たちに着を得た作品「cocoon」の舞台化や、
ドイツやイタリア、中国などでの海外公演、福島の高校生との創作プロジェクト、そして蜷川幸雄との共作。
26歳の若さで岸田國士戯曲賞を受賞し、疾走するように最前線で数々の作品を発表し続ける藤田氏に、
いま思うことをお聞きします。
 
ギャラリーフロールにて同時開催する企画展「Fashioning Identity」に、
マームとジプシーの作品が出展されます。(企画:蘆田 裕史)
http://www.kyoto-seika.ac.jp/fleur/past/2016/0701fashioning_identity/

  • 日時:
    2016年7月8日(金)19:00 ~ 20:30
藤田貴大

講師:藤田貴大

2007年、全作品の脚本と演出を務める演劇団体「マームとジプシー」を旗揚げ。象徴するシーンのリフレインを別の角度から見せる映画的手法が特徴。作家・ 川上未映子やミナ ペルホネンなど、幅広いジャンルの才能とコラボレーションを行っている。
 
聞き手:蘆田 裕史(京都精華大学ポピュラーカルチャー学部教員)

  • 京都精華大学の開学した1968年から行われているトークイベントです。予約不要、入場無料。

  • アセンブリーアワー講演会に関するご質問はこちらへ。

  • 美術家、写真家、小説家、マンガ家、デザイナー、映画監督、ミュージシャンなど、さまざまな分野で活躍する方をお招きしています。

ページトップへ