渋谷慶一郎+evala

音楽家であるお二人から、いままでの活動、いま考えていること、
これからの展望についてお話いただきます。

  • 日時:
    2014年12月11日(木)16:20 ~ 17:50
渋谷慶一郎+evala

講師:渋谷慶一郎+evala

渋谷慶一郎
音楽家。1973年生まれ。東京芸術大学作曲科卒業。
2002年に音楽レーベルATAKを設立、国内外の先鋭的な電子音楽作品をリリースする。
代表作に "ATAK000+"、 "ATAK010 filmachine phonics" など。
2009年、初のピアノソロ・アルバム "ATAK015 for maria" を発表。
2010年には "アワーミュージック 相対性理論 + 渋谷慶一郎" を発表。
以後、映画 "死なない子供 荒川修作"、 "セイジ 陸の魚"、"はじまりの記憶 杉本博司"、 "劇場版 SPEC~天~"、"TBSドラマ SPEC" など数多くの映画音楽を担当。
2012年には "サクリファイス 渋谷慶一郎 feat.太田莉菜"、 "イニシエーション 渋谷慶一郎 + 東浩紀 feat.初音ミク"を発表、コンサート "ジョン・ケージ生誕 100年記念コンサート One(X)"をプロデュース。
同年末に、初音ミク主演による世界初の映像とコンピュータ音響による人間不在のボーカロイド・オペラ "THE END" を山口情報芸術センター(YCAM)で制作、 発表。初音ミク及び渋谷慶一郎の衣装をルイ・ヴィトンが担当し、斬新なコラボレーションが話題を呼んだ。
2013年5月、東京・渋谷のBunkamura・オーチャードホールにて、"THE END" 東京公演を開催。
同年11月には、パリ・シャトレ座にて "THE END"パリ公演を開催。三公演のチケットが即時にソールドアウトするなど大きな話題となった。
また、同時にCD作品として "ATAK020 THE END" をソニーミュージック、およびソニーミュジック・フランスから発表。
2014年4月、パリのパレ・ド・トーキョーで開催された現代美術家・杉本博司の個展に合わせて、杉本とのコラボレーション・コンサート”ETRANSIENT”を公演。個展で発表される杉本のインスタレーション3作品にも立体音響による音楽 を作曲、提供した。
同年10月には、昨年THE ENDパリ公演を開催したシャトレ座にて、ピアノとコンピュータによるソロ・コンサート"Perfect Privacy"を開催。
2015年6月には、ボーカロイド・オペラ”THE END” のオランダ・ホーランドフェスティバルでの公演が決定。
http://atak.jp

evala
1976年生まれ。音楽家、サウンドアーティスト。
先鋭的な電子音楽作品の発表および上演、また公共空間、舞台、映画、広告メディアなどで立体音響システムや先端テクノロジーを用いた独創的で多彩なサウンドデザインを行なう。
主な近作に、インスタレーション『大きな耳をもったキツネ』(NTTインターコミュニケーション・センター[ICC]/2013)、『Steppingstone』(経済産業省クール・ジャパン・ファンドオフィス常設/2013)、『void inflection』(山口情報芸術センター[YCAM]/2011)、CD『white sonorant』(PG/2012)、『acoustic bend』(port/2010)。『Perfume World Tour 2nd』(文化庁メディア芸術祭審査委員会推薦作品)、『LUX 25周年キャンペーン』、『TOYOTA Smartphone Entertainment』、『宇宙ミュージアム TeNQ』、『elevenplay MOSAIC公演』などで音楽を手掛けるほか、『倖田來未 Dancer in the Rain MV』サウンドディレクション、ボーカロイド・オペラ『THE END』サウンドプログラムなど。
http://evala.jp
 
講演会の前日、12月10日(水)には京都メトロにて
渋谷慶一郎+evalaによるユニット『ATAK Dance Hall』公演が開催されます。
メトロ:<http://www.metro.ne.jp/schedule/2014/12/10/index.html>

  • works1
    ATAK021 Massive Life Flow / Keiichiro Shibuya
    撮影:鈴木心
  • works2
    ATAK021 Massive Life Flow / Keiichiro Shibuya
    撮影:鈴木心
  • 京都精華大学の開学した1968年から行われているトークイベントです。予約不要、入場無料。

  • アセンブリーアワー講演会に関するご質問はこちらへ。

  • 美術家、写真家、小説家、マンガ家、デザイナー、映画監督、ミュージシャンなど、さまざまな分野で活躍する方をお招きしています。

ページトップへ