森村泰昌

2014年8月に開幕する第5回ヨコハマトリエンナーレについての概要を、
コンセプトや出品作家の紹介をまじえつつ、お話します。
美術家である私がなぜアーティスティック・ディレクターという職を担ったか。
今回のヨコハマトリエンナーレになにを求めたか。どういう特徴を持つトリエンナーレになるか等々、
今実現に向けて進行中の現場から、ナマの声を届けます。

  • 日時:
    2014年6月5日(木)16:20 ~ 17:50
森村泰昌

講師:森村泰昌

もりむら・やすまさ●1951年大阪生まれ。1985年にゴッホの自画像に扮するセルフポートレイト写真を発表し、以降、今日に至るまで、一貫して「自画像的作品」をテーマに作品を作り続ける。1988年にはベネチア・ビエンナーレ/アペルト88に選出され、以降国内外で数多くの展覧会を開催。世界的な活躍を続ける。2013年は「ベラスケス頌:侍女たちは夜に甦る」(資生堂ギャラリー)、「森村泰昌 レンブラントの部屋、再び」(原美術館)、「Theater of the Self」(アンディ・ウォーホル美術館[ピッツバーグ])の3つの個展を開催した。著作も『森村泰昌「全女優」』(二玄社)、『まねぶ美術史』(赤々舍)など多数。2014年8月に開幕する「横浜トリエンナーレ2014」ではアーティスティック・ディレクターを務める。今夏同時期には、ペテルスブルグのエルミタージュ美術館での「マニフェスタ10」に参加、新作を発表の予定。

  • works1
    侍女たちは夜に甦るV:遠くの光に導かれ夜に目覚めよ(カラー写真 2013年)
  • 京都精華大学の開学した1968年から行われているトークイベントです。予約不要、入場無料。

  • アセンブリーアワー講演会に関するご質問はこちらへ。

  • 美術家、写真家、小説家、マンガ家、デザイナー、映画監督、ミュージシャンなど、さまざまな分野で活躍する方をお招きしています。

ページトップへ