原田マハ

私の創作の原点には、青春時代に読んだ数々の小説と、展覧会や画集で出会ったアートがあります。
このふたつがいかにして創作の血肉となったかをお話しすると同時に、学生時代に多くの良書やアートに触れることの大切さについて語りたいと思います。

  • 日時:
    2013年11月21日(木)16:20 ~ 17:50
原田マハ

講師:原田マハ

はらだ・まは●1962年、東京生まれ。関西学院大学文学部日本文学科、早稲田大学第二文学部美術史科卒業。 伊藤忠商事株式会社、森ビル森美術館設立準備室、ニューヨーク近代美術館勤務を経て、2002年フリーのキュレーター、カルチャーライターとなり、2006年より作家となる。2005年『カフーを待ちわびて』で第一回日本ラブストーリー大賞受賞。2012年『楽園のカンヴァス』で第二十五回山本周五郎賞受賞。主な著作に『一分間だけ』『夏を喪くす』『キネマの神様』『翼をください』『独立記念日』『本日は、お日柄もよく』『でーれーガールズ』『旅屋おかえり』『生きるぼくら』『ジヴェルニーの食卓』『総理の夫』などがある。 公式サイト http://haradamaha.com/

  • works1
    『総理の夫』 実業之日本社 1,785円
  • works2
    『ジヴェルニーの食卓』 集英社 1,470円
  • 京都精華大学の開学した1968年から行われているトークイベントです。予約不要、入場無料。

  • アセンブリーアワー講演会に関するご質問はこちらへ。

  • 美術家、写真家、小説家、マンガ家、デザイナー、映画監督、ミュージシャンなど、さまざまな分野で活躍する方をお招きしています。

ページトップへ