京都精華大学TOP > 国際交流 > 海外からの留学 > 留学生を対象とした奨学金


留学生を対象とした奨学金

京都精華大学では、「奨学金」と「学費減免」の制度を設け、私費外国人留学生に対する経済的支援を行っています。
制度の概要は下記のとおりです。

学部 奨学金制度

種類 内容
「1年次のみ」
京都精華大学
私費外国人留学生
学修奨励給付奨学金
金額 年額50万円
人数 5名
給付方法 1年次の後期学費に充当。
対象 外国人留学生入学試験前期・後期、ならびに外国人特別指定校入試の合格者
選考 入学の前年度に受験した日本留学試験(EJU)の「日本語」科目において300点以上を取得し、かつ同科目の「記述」において35点以上を取得している者のうち上位5名。同得点の者が発生した場合は、「記述」の点数の高い者を優先。
2017年度採用者EJUスコア 最高得点者: 聴解・聴読解+読解合計368点(+記述50点)=418点
最低得点者: 聴解・聴読解+読解合計353点(+記述35点)=388点
応募方法 受験する入学試験の出願時に該当する日本留学試験成績通知書のコピーを提出。
採用可否 外国人留学生入学試験後期 の合格発表にあわせて応募者に合否を通知。
備考 「京都精華大学人文学部グローバルリーダーシップ特別学費減免」、ならびに「文科省学習奨励費」と同額以上の奨学金との併給は不可。ただし「留学生受入れ促進プログラム予約制度」の併給は可。
「2年次~4年次」
京都精華大学
私費外国人留学生
学修奨励給付奨学金
金額 年額50万円
人数 10名
給付方法 当該年度の後期学費に充当。
対象 全学部2~4年次生
選考 本学の正規課程に1年以上在学し、所定の修得単位数を満たし、前年度GPA3.0以上の者のうち上位10名。
その他 「京都精華大学人文学部グローバルリーダーシップ特別学費減免」、「京都精華大学私費外国人留学生学費減免」、ならびに「文科省学習奨励費」と同額以上の奨学金との併給は不可。ただし「留学生受入れ促進プログラム予約制度」の延伸は併給可。
留学生受入れ
促進プログラム
予約制度
金額 月額48,000円(2016年度実績)
備考 日本留学試験(EJU)の成績優秀者を対象とした奨学金「文科省学習奨励費」の予約制度。本学の奨学金または学費減免との併給も可能。実施団体のホームページで詳細を直接確認してください。

学部 学費減免

種類 内容
京都精華大学
私費外国人留学生
学費減免
減免率 年間学費の25%相当額
人数 2~4年次に在学する私費外国人留学生数の70%を上限
適用方法 当該年度の後期学費から減免。
対象 全学部2~4年次生
応募資格 下記の全てを満たす者。
・本学の正規課程に1年以上在学していること。
・仕送り(入学金、学費をのぞく)が平均月額90,000円以下であること。
・在日している扶養者がいる場合、その年収が500万円未満であること。
・家賃(共益費含む)が月額45,000円未満であること。
・所定の修得単位数を満たし、前年度GPA2.5以上であること。
選考 応募資格を有する者の人数が上限人数を超えた場合は、GPAの高い順から採用。
備考 「京都精華大学人文学部グローバルリーダーシップ特別学費減免」との重複適用は不可。また、「京都精華大学私費外国人留学生学修奨励給付奨学金」ならびに「文部科学省学習奨励費」と同額以上の奨学金の併給は不可。ただし「留学生受入れ促進プログラム予約制度」の延伸は併給可。
京都精華大学人文学部
私費外国人留学生
グローバルリーダーシップ特別学費減免
金額 入学金をのぞく年間学費の50%相当額
人数 5名
給付方法 当該年度の後期学費に充当。
対象 人文学部留学生特別入学試験の合格者
資格 (1)入学後に下記の条件を満たす者。
・在留資格が「留学」であること。
・仕送り(入学金、学費をのぞく)が月額平均45,000円以下であること。
・在日している扶養者がいる場合、その年収が500万円未満であること。
・家賃(共益費含む)の月額が25,000円未満であること。もしくは本学の国際学生寮へ入寮中であること。

(2)2年次以降は上記に加えて、下記の条件を満たすこと。
・所定の単位数を修得していること。
・前年度GPA2.5以上を満たすこと。
備考 「京都精華大学私費外国人留学生学費減免」との重複適用は不可。また「京都精華大学私費外国人留学生学修奨励給付奨学金」ならびに「文部科学省学習奨励費」と同額以上の奨学金の併給は不可。ただし「留学生受入れ促進プログラム予約制度」の併給は可。

大学院 奨学金制度

種類 内容
京都精華大学
私費外国人留学生
学修奨励奨学金
金額 年額50万円
人数 5名
給付方法 当該年度の後期学費に充当。(理論系は後期学費に充当したうえで差額を給付。)
対象 博士前期課程(修士課程)2年次生
選考 所定の修得単位数を満たし、前年度GPA3.0以上の者のうち上位5名。
その他 「京都精華大学私費外国人留学生学費減免」、ならびに「文科省学習奨励費」と同額以上の奨学金との併給は不可。
京都精華大学大学院
博士後期課程
研究奨励奨学金
金額 年額75万円
人数 資格を満たす者全員
給付方法 当該年度の後期学費に充当したうえで、差額(前期学費相当)を給付。(前期学費は一旦納付頂きます。)
対象 博士後期課程1~3年次生
資格

下記の条件を全て満たす者。
・本学博士後期課程に在学する者
・本奨学金の申請前年度に、当該年度の日本学術振興会特別研究員DC1・DC2の第一次選考(書類審査)に合格し、面接選考に進むも採用されなかった者。

2年次生および3年次生は、上記に加えて下記も満たす者。
・所定の単位数を修得し、前年度GPA3.0以上であること。
・前年度末に研究科において研究計画の進捗状況が良好であると認められていること。

その他 「京都精華大学私費外国人留学生学費減免」との併給は不可。
「国費外国人留学生奨学金」の併給は不可。

大学院 学費減免

種類 対象 内容
京都精華大学
私費外国人留学生
学費減免
博士前期課程
(修士課程)
減免率 入学金をのぞく年間学費の40%相当額。
人数 ・博士前期課程(修士課程)1年次生:応募資格を有する者全員。
・博士前期課程(修士課程)2年次生:応募資格を有する者のうち成績上位25名。
適用方法 当該年度の後期学費から減免。
応募資格

下記の全てを満たす者。
・仕送り(入学金、学費をのぞく)が平均月額90,000円以下であること。
・在日している扶養者がいる場合、その年収が500万円未満であること。
・家賃(共益費含む)が月額45,000円未満であること。

2年次生は上記に加えて下記も満たす者。
・所定の修得単位数を満たし、前年度GPA2.5以上であること。

選考 2年次生は前年度GPAにもとづき選考を行ないます。
その他 「京都精華大学私費外国人留学生学修奨励給付奨学金」ならびに「文部科学省学習奨励費」と同額以上の奨学金の併給は不可。
博士後期課程 減免率 入学金をのぞく年間学費の80%相当額。
人数 資格を有する者全員。
適用方法 当該年度の後期学費から減免し、差額を返還。
(前期学費は一旦納付頂きます。)
資格

下記の全てを満たす者。
・仕送り(入学金、学費をのぞく)が平均月額90,000円以下であること。
・在日している扶養者がいる場合、その年収が500万円未満であること。
・家賃(共益費含む)が月額45,000円未満であること。

2年次生および3年次生は上記に加えて下記も満たす者。
・所定の修得単位数を満たし、前年度GPA3.0以上であること。
・前年度末に研究科において研究計画の進捗状況が良好であると認められていること。

その他 「京都精華大学大学院博士後期課程研究奨励奨学金」の併給は不可。

お問い合わせ

京都精華大学 国際交流チーム

住所 606-8588 京都市左京区岩倉木野町137
Tel 075-702-5199
E-mail kokusai *kyoto-seika.ac.jp(*を@に変えてください)
ページトップへ