マリマリフィールドプログラム(テーマ設定型)
Mali Field Program

現地協力機関 日本マリ文化交流会(Keneba) 単位 2単位
内容 現地語研修、陶芸、ダンス等の各種ワークショップや世界遺産をめぐるフィールド・トリップに参加
対象 全学部 全学年 日程 8月〜9月(4週間)※隔年開催です
募集人数 10名(最低3名) 担当者 ウスビ・サコ(人文学部教員)
費用 400,000円

プログラム日程(予定)

  • 1日目
    関西国際空港→バンコク経由
  • 2日目
    パリ国際空港着、市内見学
  • 3日目
    パリ国際空港出発→バマコ・セヌー国際空港着
  • 4〜8日目
    オリエンテーションとバンバラ語研修、施設等見学
    <見学先>国立舞踏団、国立博物館、芸術センター、日本の現地NGO等
  • 9~15日目
    フィールド・トリップ(セグー、ジェンネ、ドゴン、モプティ等)
  • 16日目
    自由行動
  • 17~29日目
    ホームステイとワークショップ
    <ワークショップ例>泥染め、藍染め、染色、アフリカンダンス、ジェンベ等
  • 30~32日目
    ワークショップへ自主参加する等、自由行動
  • 33日目
    バマコ・セヌー国際空港発
  • 34日目
    パリ国際空港着、発→バンコク経由
  • 35日目
    関西国際空港着 解散

プログラムについて

pic_mali
マリ共和国は、多民族性と長い歴史に培われた多様な文化が混在する社会です。一方で、近代化の影響により、生活様式の変化や環境問題も発生しています。その全てが日本と異なるアフリカの大地で4週間、世界遺産を巡り、歌と踊りを愛する人々と出会い、日々の営みを共にする中で、新鮮な驚きと発見に遭遇し、自分自身の文化を見つめ直す機会となるはずです。

マリ Mali

mali_map

かつての「黄金の帝国」としてその名をヨーロッパ世界に轟かせたマリ帝国。「マリでは砂の中に黄金が生える」と喩えられていたように、8~16世紀末にかけてこの地を治めたガーナ、マリ、ソンガイなどの帝国はいずれもこの地方で採れる「金」の交易で繁栄しました。その後、フランスによる植民地時代や軍事政権などを経て、現在では民主化が定着し政治的・社会的にも安定した多民族国家です。

ページトップへ