京都精華大学TOP > 国際交流 > 海外フィールドプログラム


海外フィールドプログラム

海外フィールドプログラム

海外フィールドプログラムとは、夏季・春期休暇を利用して3週間から1ヶ月程度、海外に出かけ、学ぶプログラムです。現地の大学に付属する語学学校などで言語を学ぶ「語学研修型」と現地の文化についての調査・研究を行う「テーマ設定型」があります。

海外フィールドプログラム履修と単位について

海外フィールドプログラムに参加すると、人文学部共通専門教育科目の「海外フィールドプログラムI」(2単位)という科目として成績がつきます。2回目に参加する場合は「海外フィールドプログラムII」を履修したということになります。海外フィールドプログラムは4回まで履修することが可能です。ただし同じプログラムに参加しても成績にはなりません。

4年次での春期プログラム参加について

卒業を控えている4年生が春期プログラムに参加する場合、プログラム申し込み時点ですでに十分な単位を修得し、卒業見込みであることが必須条件となります。春期プログラムの日程上、卒業判定までにプログラムの成績および単位を出すことはできません。

  • プログラムによっては、事前の研修や授業受講が必修となるものもあります。
    所定の学習義務を怠った場合は、成績がつきません。
  • マリのプログラムに参加する場合は「熱帯予防医学研修」に参加し、レポートを提出の上、必要とされる予防接種を受ける必要があります。
  • 参加人数が受入先の条件に満たない場合、プログラムが中止される場合があります。

安全管理上、現地の情勢によりプログラムを中止する場合があります。

海外フィールドプログラム参加の流れ

  • 説明会に参加する。

    夏期プログラム説明会:4月中旬
    春期プログラム説明会:9月下旬
  • arrow
  • 応募書類を締切日までに国際課に提出する。

    夏期プログラム応募締切日:5月初旬
    春期プログラム応募締切日:10月中旬
  • arrow
  • 各プログラムオリエンテーション・安全管理オリエンテーション・熱帯予防医学研修(マリのみ)に参加。費用を支払い、誓約書を提出。
  • arrow
  • プログラムへ参加。帰国後にレポートを提出。成績・単位認定。

参加者数

海外フィールドプログラム 参加者数

2015年5月1日現在

プログラム 2013 2014 2015
アイルランド(語学) 0 2 1
韓国(語学) 8 1 3
アメリカ(語学) 0 4 0
スペイン(テーマ) - 26 -
ドイツ(テーマ) 15 - 14
フランス(テーマ) 22 - -
タイ(テーマ) 4 - -
台湾(テーマ) 11 11 4
フランス(芸術学部 作品批評1) - 36 -
60 80 22
ページトップへ