京都精華大学TOP > 国際交流 > 交換留学プログラム > ロンドン芸術大学 チェルシー・カレッジ・オブ・アート・アンド・デザイン


ロンドン芸術大学
チェルシー・カレッジ・オブ・アート・アンド・デザイン
University of the Arts London/Chelsea College of Art and Design

所在地 イギリスイギリス ロンドン 対象 芸術学部・デザイン学部・マンガ学部
留学年次 3年次(後期) 期間 後期 10月~12月
募集人数 CCW(Camberwell、Chelsea、Wimbledonの3大学連合体)で1名 宿泊施設 大学寮
専攻分野
    • Fine Arts
    • Sculpture
    • Film and Video
    • Photography
    • Digital Media
    • Sound
    • Print
    • Performance
    • Drawing
    • Graphic Design Communication
    • Textile Design
    • Interior and Spatial Design

学校情報

chelsea-pic1
チェルシー・カレッジ・オブ・アート・アンド・デザインは、2005年1月にテムズ河畔ミルバンク地区に移転し、それまで分野ごとにロンドン市内に点在していたキャンパスを創設以来始めて、1ヶ所に統合しました。イギリス美術の一大コレクションを有し、ターナー賞でも有名な国立美術館テート・ブリテンに隣接するという、非常に恵まれた環境にあります。また、国際主義を掲げており、多種多様な学生・教員が籍を置くインターナショナルな雰囲気の中で刺激を受けながら制作に励むことができます。
chelsea-pic2
学校名は、前身であるサウス・ウェスタン・ポリテクニック(South-Western Polytechnic)が1895年にチェルシースクエアに設立されたことにちなんでいます。特にコースを設けず、学生達が様々な分野を学びながら自身の専門を磨いていくファインアートを筆頭に、他学部においても分野間の交流がさかんでオープンな校風を感じることができます。
住所 16 John Islip Street London SW1P 4JU, UK
URL http://www.chelsea.arts.ac.uk TEL +44-20-7514-1852
設立年 1895年 学生数 約1,800人
種類 私立大学 学期 3学期制

ロンドン London

london_map

イギリスの首都であり、様々な文化背景を持った人々が住む国際都市として知られています。欧州最大の証券市場を抱え、経済規模は世界上位に位置する一方、博物館、美術館、映画館、シアターなどが多く存在する文化都市で、芸術、ファションや音楽の中心、最先端の流行を発信する街としても有名です。歴史的な趣ある建物の数々をはじめ、赤い2階建てバスのダブルデッカー、ロンドンタクシーといった乗り物も街の風物として、毎年世界中から訪れる多くの観光客を魅了しています。天候は冷涼であり、冬の気温は2~4℃、夏でも20℃を上回ることはほとんどなく、暮らしやすい気候と言えます。街にはロンドンと海をつなぐテムズ川が流れ、都市全体を占める公園面積が大きいなど、大都市ではありますが、自然と触れ合うことができることも特徴です。

ページトップへ