人文学部客員教員に就任する 内田 樹氏の共著書『聖地巡礼ライジング 熊野紀行』、『ぼくらの身体修行論』が出版

2015/03/12

2015年度より人文学部客員教員に就任予定の内田 樹氏の共著書『聖地巡礼ライジング 熊野紀行』、『ぼくらの身体修行論』が出版されました。
 
『聖地巡礼ライジング 熊野紀行』は、「聖地巡礼」シリーズの第2弾で、内田氏と、比較宗教学者で僧侶でもある釈 徹宗氏が共に熊野を巡り、日本人が失ってしまった「霊性」を再発見していきます。
 
『ぼくらの身体修行論』は、内田氏と、元神戸製鋼ラグビー部選手・元日本代表の平尾 剛氏が身体論をめぐって、スポーツ嫌いの子どもが増える理由や筋トレの有効性、勝敗や数値では測れないカラダの魅力と潜在力などについて論考された対談本です。
 
内田氏はフランス現代思想、武道論、教育論などを専門とし、主な著書に『ためらいの倫理学』『寝ながら学べる構造主義』『「おじさん」的思考』など多数。2007年に『私家版・ユダヤ文化論』(文春新書)で第6回小林秀雄賞、10年『日本辺境論』(新潮新書)で新書大賞2010受賞。11年には第3回伊丹十三賞などさまざまな賞を受賞しています。
 
 
聖地巡礼ライジング 熊野紀行

書籍名:『聖地巡礼ライジング 熊野紀行』
著者:内田 樹/釈 徹宗
出版社:東京書籍
発売日:2015年3月4日
価格:1,620円(税込)
 
東京書籍Webサイト 作品紹介
http://www.tokyo-shoseki.co.jp/books/80639/
 
 
ぼくらの身体修行論

書籍名:『ぼくらの身体修行論』
著者:内田 樹/平尾 剛
出版社:朝日新聞出版
発売日:2015年3月9日
価格:648円(税込)
 
朝日新聞出版Webサイト 作品紹介
http://publications.asahi.com/ecs/detail/?item_id=16828
 


内田 樹氏 教員紹介ページ
http://www.kyoto-seika.ac.jp/edu/faculty/uchida-tatsuru/
 
 


Copyright © Kyoto Seika University. All rights reserved.