ミュージック・コンクレート(concrete music)

楽音(音程のはっきりとした楽器による音)による音ではなく、もの音(人の声、動物 の声、鉄道の音、自然界の音、都市の環境音など)のような日常聞こえる音を録音編集、エフェクト処理して制作する コンクレートミュージック(具体音音楽)という音楽ジャンルがある。 通常音楽は抽象的な表現によって構成されているが、もの音という現実音を使用することで、具体的な事象を表現できる。さらに音楽という観点から、もの音か ら、音の長さ、高さ、強さなどの要素に着目して音楽の時間的構造を作り上げることもよくある。 

ミュージック・コンクレートでは、録音された音そのものが作品となる。(作曲者のア イデアの下書きとしてグラフなどを紙面に書くこともあるが、それについてはあくまでスケッチの段階であり、それ自体を作品とはみなさないのが普通である。 また記譜法は確定されておらず(ただし最近はProToolsなどの編集ソフトウエアの表示画面が楽譜的な役割を果たす場合がある。)完全に個々の作曲家 独自のものである。)初期においては円盤(レコード盤)が用いられたが、テープレコーダーの発達によって、後にはテープを用いるのが当然となり現在ではコ ンピュータソフトウエアで制作される。

ミュジーク・コンクレートの創始者は、フランスの電気技師ピエール・シェフェール Pierre Schaefferである。彼は1948年頃からミュジーク・コンクレートの実験を始め、1949年頃からは作曲家ピエール・アンリ Pierre Henriとともに種々の実験的作品を作るようになる。この試みが後年ラジオフランスのINA/GRMス タジオの創設に繋がっていく。同時期にドイツでも電子音楽が作曲されはじめたがドイツでは発振器を使用した(もの音を使用しない)純粋な電子音のみが使用 されることが多かった。シェフェールらのミュージック・コンクレート作品は、当初、ラジオを通じて発表され、初めて聴衆を前に公開されたのは、1952年 のことという。その後、INA/GRMではミュージックコンクレートの演奏方法の研究がなされ、Acousmoniumというマルチチャンネルの再生シス テムが開発されてもともと演奏という概念のなかったミュージックコンクレートなどのテープ作品(最近はほとんどがCDやハードディスクになっている)に演 奏の要素を加えている。

■作品
Piere Shaeffere "Etude aux Chemins de Fer"(1948)
Francois Bayle "Camera oscura" よりtoccata,vibrato"(1976/2000)
Joji Yuasa "Voices Coming"(1969)

■参考文献
ミュージックコンクレートの思想 http://ci.nii.ac.jp/naid/110000193326
電子音楽in JAPAN 田中雄二著 (page42-50)

Last Revised: 20011/6/03 Copyright 2008-11 by 平野砂峰旅 All rights reserved.