ENGLISH  京都精華大学TOP

1

100日の空
綿、リアック染料、柿渋糊、糸 300×250cm

目指していることは、人を一瞬でも違う世界に引き込めるような作品を作る事です。
作品を見ている間、人それぞれ違う一瞬を過ごし、その後の現実が少し変わってくれたらいいなと思います。

卒業制作のこの作品は、99枚の雲の写真からできています。雲の輪郭線をとった形を99枚並べてできた抽象的な形に自分の想像や思い出を重ねたりしています。
何年か後にもう一度この作品を見たとき、今とは違う想像ができたらいいなと思います。

河部 佑美 Yumi KAWABE

2

M
ポリエステル布、染料、銀箔 110×170cm

生きることから活きることへ。
世界を変える。

賀門 利誓 Toshichika KAMON

3

ひとりでいることの自由
フェルト、樹脂粘土、スタイロフォーム 180×180×90cm

ひとりでいることの自由

寂しさと人恋しさと優しい開放感

ふと泣きたいくらいにうれしくてどうしようもないときひとりでじぶんに会えるとき

この四年間を振り返ると、自分の感情のどろどろと沈殿したものをその時その時でどう吐き出すかを考え続けていました。劣等感と寂しさと自尊心といろいろなものをぐちゃぐちゃに団子にして背負ったのが私です。
それがつくるという行為で外に出す方法を見つけられたことは幸せだと思います。
最近になって、ようやくやっと自分とのつきあい方が見えてきた気がします。それは、ひとりでいることの自由を自分のなかに受け入れられるようになったからだとも思うのです。

平井 槙 Maki HIRAI

4

yOshidAyuU 一歩。
麻糸、リアック染料、ほぐし絣織、ステンシル 272×244×70cm

笑った
馬鹿みたいに笑った。
泣いた
恥ずかしさも忘れて泣いた。
怒った
まだ子供だったと反省した。
悩んだ
真摯に向きあうことを知った。

そんな毎日を織り込んで走った。一歩一歩。
aNone sOnone
母と父と友と師に感謝の心
まだまだ至らない自分に反省の心
これから出会う人たちに素直の心

吉田 祐一 Yuichi YOSHIDA

5

( )
ストレッチメッシュ 180×180×10cm

あらゆる“枠”にとらわれぬよう
様々なメディアに意識を張り表現してきました。

これからもたくさん吸収できるよう
まっしろく やわらかく。

實田 拓 Taku JITSUDA

6

不在証明 椅子〈No 7〉
綿バーバリー、反応性染料、蝋けつ染 200×135cm

人がいない静かな部屋に、光がさすのを見るたび、
その淋しさと温かさに心地よさを感じていた。

そんな遠くて近い空気感を表現したい。

吉宗 麻里絵 Marie YOSHIMUNE