公開講座GARDEN TOPへ イベント・展覧会情報へ 京都精華大学TOPへ
今年で10年目を迎える公開講座GARDEN。GARDENでは思想と表現の深化を追求する講座を中心にすえています。
/
/

紙漉き講座 「紙漉きによる表現の楽しさ」

講座風景

講義風景写真
講座風景 講座風景 講座風景 講座風景

シラバス

和紙は国内のみならず、世界的にも高い評価を受けており、近年では和紙を作る技術を応用して制作されたインテリアや紙造形、ペーパーワークと呼ばれる美術作品などへの関心が高まっています。この紙漉き講座も今年で4年目を迎えました。そこで、今回のワークショップでは紙漉きの基礎に加えて、少しステップアップした紙造形に挑戦していきましょう。身近な紙と深く付き合う事で、紙漉きと紙造形の魅力を追究していきたいと思います。紙漉きを過去に体験された方が対象ですが、初心者の方には個別に指導いたします。

[講師] 向後聖紀(紙造形作家)
[監修] 黒崎彰(版画家・京都精華大学教授)
[定員] 20名
[受講料] 12000円 ※別途材料費
[会場] 京都精華大学
[日程] 全6回 土曜日 13:30〜17:30

06年前期「紙漉き講座:紙漉きによる表現の楽しさ」の内容はコチラ

スケジュール

[第1回]6月9日(土)
紙造形について・原料の処理
[第2回]6月16日(土)
技法説明・小作品の制作
[第3回]6月23日(土)
技法説明・平面もしくは立体作品の制作
[第4回]7月7日(土)
平面もしくは立体作品の制作
[第5回]7月14日(土)
平面もしくは立体作品の制作
[第6回]7月21日(土)
展示・公表会
※タオル、ゴム長靴をご持参ください。 ※講義中に材料を販売します。

講師プロフィール

向後聖紀 KOGO Seiki
向後聖紀
向後聖紀
京都精華大学大学院(造形専攻)修了、現在本学非常勤講師。在学中から紙造形等の実習助手を行う。近畿大学でも非常勤講師として紙漉きの指導にあたっている。
2002年第14回国民文化祭「和紙のフェスティバル」にて大賞、2003年今立現代美術紙展’03にて優秀賞受賞。他、国内の展覧会に多数出品。