公開講座GARDEN TOPへ イベント・展覧会情報へ 京都精華大学TOPへ
今年で10年目を迎える公開講座GARDEN。GARDENでは思想と表現の深化を追求する講座を中心にすえています。
/
/

身体表現講座 II 「キノコダンスワークショップ」

講座風景

講義風景写真
講座風景 講座風景 講座風景 講座風景

シラバス

今回のワークショップでは「自分以外のモノ、人に出会うことで一体何が起こるか」ということをテーマにやりたいと思っています。まずはゆっくりとしたウォーミングアップから始まり、固まっている身体をほぐし、暖めてていきます。その後、主に人と触れ合うことで気持ちをほぐし、ゲームを交えたようなクリエーションで頭もほぐしてシェイクします。自分以外のモノ、人と出会うときに変化し、色々になる自分の身体をどうぞお楽しみください。

[講師] 伊藤千枝(振付家・演出家・ダンサー・珍しいキノコ舞踊団主宰)
[定員] 25名
[受講料] 9000円
[会場] 京都精華大学
[日程] 全4回(3日連続)

06年前期「身体表現講座 II」の内容はコチラ

スケジュール

[第1回]5月18日(金)  
18:30〜20:30
[第2回]5月19日(土) 
11:00〜13:00
[第3回]5月19日(土) 
15:00〜17:00
[第4回]5月20日(日)
11:00〜13:00

講師プロフィール

伊藤千枝 ITO Chie
伊藤千枝
伊藤千枝
1990年「珍しいキノコ舞踊団」を結成。以降全作品の演出・振付・構成を担当。作品発表のほか、映画、映像作品、演劇への振付、出演、他のアーティス トとのコラボレーションなど、その活動は多岐にわたる。
2000年、「横浜ダンスコレクション ソロ×デュオ  Competition」において財団法人横浜市文化振興財団賞受賞。2003年、フィリップ・ドゥクフレ「IRIS」に演出アシスタントとして参加。 2003年4月〜2004年2月、NHK教育番組「ドレミノテレビ」の振付を担当し、2006年にはソロ作品「私、潜るわ。」を発表した。代表作「フリル(ミニ)」は日本舞踊批評家協会新人賞、千年文化芸術祭協賛企業特別賞を受賞、フランス、タイ、インド、ニューヨークでも上演した。「FLOWER PICKING」は国内公演の後、スウェーデンの野外劇場にも招聘され、2日間で7000人を動員し注目を集めた。最新作はオーストラリア人アーティスト、ジャスティン・カレオ氏とのコラボレーション作品、「3mmくらいズレてる部屋」(「オーストラリアー日本ダンスエクスチェンジ2006」参加作品)。メルボルンと金沢にレジデンスして作品を製作、金沢21世紀美術館、愛知芸術劇場、鎌倉芸術館にて上演。2007年7月には吉祥寺シアターにて新作公演を上演予定。
珍しいキノコ舞踏団 http://www.strangekinoko.com/