公開講座GARDEN TOPへ イベント・展覧会情報へ 京都精華大学TOPへ
今年で10年目を迎える公開講座GARDEN。GARDENでは思想と表現の深化を追求する講座を中心にすえています。
/
/

一日講師プログラム:DIY講座 「ボディケア用品をつくる」

講座風景

講義風景写真
講座風景 講座風景 講座風景 講座風景

シラバス

肌をきれいにする方法、いろいろあります。健やか肌がすがすがしく感じられるのはいうまでもありません。自分が一番ここちよくいられる方法を探しているうちに、自然といきつくのは「肌を、食べられるものでケアする」という方法。暑い季節には水やはちみつなどを使った化粧水、紫外線でほてったあとはゼラチンで潤いを。ゆっくりとお風呂に入りたいときは、糠でお肌もピカピカに。疲れたなと感じるときは、大豆をゆっくり戻して真っ白なお鍋をつくってお腹をみたし、戻し汁は化粧水に。講座では、身近な食材をきちんと見直し、健やかな毎日のために、体のなかに食材として取り入れる方法とケア用品としてつかう方法をご紹介します。

[講師] 金克美(京都精華大学職員)
[定員] 30名
[受講料] 500円
[会場] 京都精華大学
[日程] 5月26日(土) 14:00〜17:00

※化粧水、ボディークリーム、パックを入れる容器を各自ご持参ください

06年前期「DIY講座 いろいろな石けんを作る」の内容はコチラ
06年後期「DIY講座 基礎化粧水を作る」の内容はコチラ

講師プロフィール

金克美 KIM Keukmi
金克美金克美
京都精華大学勤務。10年前、石鹸作りの面白さに気付いて以来、家庭で使う石鹸のほとんどを手作りしている。石鹸作りをきっかけに、毎日つかうローションやお風呂にいれる入浴剤、歯磨き粉やマウスウォッシュまで、食べられる素材でできることに気づき、目からうろこが落ちる。