ジョゼ・ラモス・ホルタ

ジョゼ・ラモス・ホルタ プロフィール

1949年12月26日、東ティモールのディリに生まれる。
1974年、フレテリン(東ティモール独立革命戦線)の設立に参加。1975年独立を宣言した東ティモール民主共和国では外務大臣の役職にあった。インドネシア侵攻以後は、国際社会の支援を得るため、国外で活動を続けている。長年にわたりニューヨークにおいてフレテリンの国連代表をつとめるなど、東ティモールの外交活動の中心的役割を担う存在といえる。
現在は東ティモール民族抵抗評議会共同代表。オーストラリア在住。
1994年に欧州議会人権委員会で、東ティモール人の自決権行使を3段階によって達成しようとする和平案を発表し、注目を浴びた。また、1995年国連の仲介によって実現した「全東ティモール人包括対話」でも重要な役割を果たしている。米国アンティオーク大学で平和学修士を取得。1987年オックスフォード大学アンソニー・カレッジ客員研究員。ハーグ国際法アカデミーやストラスブール国際人権研究所で国際法の研修を受ける。オーストラリアのニューサウスウェールズ大学法学部で外交や国際機構についての教鞭もとっている。1993年にトロロフ・ラフト人権賞、1995年にグライツマン賞を受賞した。1996年「東ティモールにおける紛争の正当で平和的な解決への尽力」を評価され、カルロス・フィリペ・シメネス・ベロ司教とともにノーベル平和賞受賞。ダライ・ラマなど歴代ノーベル平和賞受賞者に対し、地域紛争調停のための組織設立を呼びかけている。

Jose Ramos-Horta

Jose Ramos-Horta was born in Dili, East Timor, Dec. 26th, 1949. In 1974 he participated in the establishment of FRETILIN (Revolutionary Front for East Timor Independence). He was appointed Minister of Foreign Affairs for the East Timor Democratic Republic, on its declaration of independence in 1975. Following the Indonesian invasion in 1976, he continued his activities overseas, lobbying for support from the international community. For a long time he represented FRETILIN at the United Nations in New York, presenting East Timor's foreign policy.

At present he represents the National Council of Timorese Resistance (CNRT) and is based in Australia. In 1994, at the European Parliament's Human Rights Committee, he announced a three-stage peace proposal seeking self-determination for East Timor, and achieved wide recognition. He has also played an important role in "reconciliation talks" for East Timor, realized by intermediation by the UN.

He qualified for his MA in Peace Studies at Antioch University, and in 1987 he was a guest researcher at Anthony College, Oxford University, and studied international law at The Hague International Law Academy, and Strasbourg International Human Rights Study Center. Now he lectures on foreign policy and international mechanisms at the Faculty of Law, University of New South Wales, Australia.

In 1993 he received the Professor Thorolf Rafto Human Rights Prize, and in 1995 the Gleitzman Foundation Award. In 1996 he was awarded the Nobel Peace Prize, together with Bishop Carlos Filipe Ximenes Belo, in recognition of their work towards a just and peaceful solution to the conflict in East Timor. Jose Ramos-Horta is now working on creation of an organization for mediation of local conflict issues by Nobel Prize Peace winners, including the Dalai Lama.