東ティモールの歴史と独立闘争の軌跡

植民地としての東ティモール

東ティモールは、オーストラリア近く、東インド諸島の小スンダ列島の最東端にあり、ティモール島の東半分をさす。ティモール島では16世紀初頭からポルトガルが植民地行政をはじめるが、オランダとの抗争の結果、19世紀半ば島は東西で分割統治されることとなる。西ティモールはオランダ領となり、東ティモールはポルトガル領となった。東西ティモールは、言語や宗教が異なるが、その境界線は植民地支配者によって設定されたものである。
第二次世界大戦時の3年半にわたる日本軍の占領を経て、戦後、旧オランダ領がインドネシア共和国として独立したことによって西ティモールはインドネシアの一部となった。東ティモールは再びポルトガル領となる。

 

インドネシアの侵略

1974年ポルトガルの独裁政権が倒れたのを契機に、東ティモールでも独立に向けた活動が活発化し、東ティモール独立革命戦線(フレテリン)などの政党が生まれた。
75年8月、フレテリンは一部政党のクーデターによる混乱を収拾し、事実上東ティモール全土を掌握した。この間インドネシア軍は国境侵攻を繰り返し、激しい攻撃にさらされたフレテリンは東ティモール民主共和国の独立を宣言し、国際的承認と支援を求めた。11月28日のことだった。12月インドネシア軍は全面侵略を開始、76年7月にはインドネシアは東ティモールを正式に「併合」した。
山岳地帯に拠点を移し抵抗を続けるフレテリンに対して、インドネシアは爆撃を繰り返し、78年末にはほぼ軍事的に制圧した。多くの資料は、インドネシアの侵攻・占領によって、東ティモール人口の三分の一にあたる20万人が命を落としたとしている。
1万人にのぼる駐留インドネシア軍による人権侵害ははなはだしく、殺害、強姦、拷問、暴行に関して数多くの例が報告されている。100人以上の非武装市民の死者を出したといわれる91年「サンタ・クルツの虐殺」も記憶に新しい。

国際社会の対応と日本の立場

インドネシアの侵略が起きた75年、国連は総会及び安全保障委員会の決議でインドネシアの侵略を非難、東ティモールの自決権の尊重を訴えた。その後、国連総会と安保理は同様の決議を10回採択している。
かつて東ティモールを占領し、現在はインドネシアへの最大の援助国である日本が、75年の決議に反対票を投じて以来、インドネシアの侵略を正当化してきたことは指摘されねばならない。フレテリンは「日本政府は、30年前日本人が大虐殺した民族の、今度はその絶滅に手をかしている」と告発している。

現状と未来

96年ラモス・ホルタ氏とベロ司教にノーベル平和賞が授与されたことにより、国際的な関心は一挙に高まった。
98年スハルト体制の崩壊によって、インドネシアの民主化が進展し、軍の撤退が開始された。新政権は大幅な自治権を認めた特別州化を提案しているが、ホルタ氏やベロ司教は、住民投票の実施を訴えている。

History of East Timor's Struggle for Independence

East Timor as a Colony

East Timor is located towards the east end of the Indonesian chain of islands, comprising the east half of the island of Timor. Portugal set up a colonial administration in Timor in the early 16th century, but as a result of conflict with the Netherlands the island was divided in the mid-19th century. West Timor was controlled by the Dutch, and East Timor was retained by the Portugese. The two halves of the island have therefore different languages and religions. The border partition was decided by the colonial administrations. Timor was occupied by the Japanese army for three and a half years during World War Two. After the war, as all former Dutch colonies were ceded to Indonesia, West Timor became part of Indonesia. East Timor reverted to Portuguese rule.

Indonesian Invasion

After the collapse of Portugal's dictatorship in 1974, a strong movement for independence emerged in East Timor, and FRETILIN was founded. Following an attempted coup-d'etat in August 1975 FRETILIN took charge, bringing the confusion under control and in fact taking charge of the whole country. Indonesian troops continued to attack the borders, and FRETILIN, suffering seriously from these attacks, on November 28th declared the independence of the Democratic Republic of East Timor, and appealed for international recognition and support.

In December, Indonesia stepped up its aggression, and in July 1976 invaded and annexed East Timor. Indonesia continued to bomb the FRETILIN forces in the mountains. By the end of 1978 Indonesia had established full military control. According to many sources, one third of East Timor's population (200,000) had been killed. Ten thousand Indonesian troops occupied East Timor, with enormous infringements of the human rights of the Timorese. Many massacres, assaults, violence and torture by Indonesian forces were reported, culminating in the Santa Cruz Massacre, in which over 100 unarmed citizens were killed, and which remains a recent memory.

Response of International Community and Japanese Policy

In 1975, when Indonesia invaded, both the United NationsGeneral Assembly and Security Council criticized Indonesia and called for self-determination for East Timor; from 1976 to 1982 the United Nations' General Assembly reiterated this call each year. Japan, which formerly occupied East Timor, also a great supporter of Indonesia, voted against this resolution. Japan's support for Indonesia's aggression should be pointed out.

FRETILIN accuses Japan of supporting a genocidal policy for 30 years, a policy which in fact originated during Japan's World War II occupation of East Timor.

Present and Future of East Timor

With the award of the Nobel Peace Prize to Jose Ramos-Horta and Bishop Carlos Filipe Ximenes Belo, international attention was immediately focused on East Timor. In 1998, with the ending of Indonesian President Suharto's presidency, some progress has been seen in Indonesian democracy, and partial withdrawal of troops from East Timor has commenced. New political status has been suggested for East Timor, a special autonomy with democratic empowerment of the Timorese people, though Ramos-Horta and Bishop Belo insist on the necessity of a referendum on independence.

年表

1701年 ポルトガル、東ティモールにおける植民地行政を始める。
1974年 ポルトガル独裁政権、クーデターにより倒れる。
1975年 インドネシア、東ティモールに武力侵攻。東ティモール民主共和国独立を宣言。
1976年 インドネシア、東ティモール合併法案を承認。以後インドネシアは東ティモールを27番目の州と主張。
1977年 インドネシア軍第一次掃討作戦開始。東ティモール人に対する虐殺が激化。
1991年 東ティモール・サンタクルスでインドネシア軍が非武装市民に発砲、100人以上の死者を出す。
1992年 東ティモール民族抵抗評議会議長シャナナ・グスマン逮捕される。
1994年 ラモス・ホルタ、欧州議会で3段階平和案発表。
1996年 カルロス・フィリペ・シメネス・ベロ、ジョゼ・ラモス・ホルタ、ノーベル平和賞を同時受賞。
1998年 インドネシアで民主化運動高まり、スハルト大統領辞任。

Chronology Of Struggle

1701 Portugal starts colonial government at East Timor.
1974 Portugal's authoritarian regime is overthrown by military coup.
1975 Indonesia invades East Timor. Democratic Republic of Timor-Leste declares its independence.
1976 Indonesia insists East Timor officially becomes 27th province of Indonesia after the approval of Timor merger bill.
1977 Indonesian army carries out the first clearing operation, and it escalated the slaughter of East Timorese.
1991 More than 100 citizens are killed by the gunshot by Indonesian army at Santa Cruz, East Timor.
1992 Xanana Gusmão, the chairman of national council of east Timorese republic is arrested.
1994 Jose Ramos-Horta publishes the third phase of peace plan at European Parliament.
1996 Both Carlos Filipe Ximenes Belo and Jose Ramos-Horta win Novel Pease Prize.
1998 The democratic movement surges in Indonesia, and Mohammed Suharto resigns the presidency.