チベットの歴史と自治獲得闘争の軌跡

中国侵攻以前のチベット

チベットの歴史は2000年の昔、初代国王が諸部族を統合したことにはじまると伝承されている。7世紀に伝わった仏教は、その後独自の深化と発展を遂げ、チベットの精神的支柱になるとともに、周辺諸国にも大きな影響を与えた。観音菩薩の化身とされるダライ・ラマを、宗教と政治の両面において最高指導者とする体制が確立したのは17世紀である。19世紀、外国に固く門を閉ざし強固な鎖国政策をとっていたチベットに、インドから東アジアへの進出をねらうイギリスの目が向けられた。イギリスの影響力の強まりを恐れた清朝は、1910年首都ラサに侵攻、ダライ・ラマ13世はインドに亡命した。しかし翌年辛亥革命が勃発し清朝は崩壊、清朝官吏、兵士は全て追放され、帰国した13世ダライ・ラマは独立を宣言した。

 

チベットへの中国侵攻

中華人民共和国が樹立されると、人民解放軍は1950年「帝国主義者の圧政からチベット人民を解放するため」チベットへ進攻し、軍事管制下に置いた。1959年3月10日チベット民衆の抵抗運動は頂点を極めた。ダライ・ラマ(現在の14世)が中国側に拉致されることを懸念した民衆は、ノルブリンカ宮殿を取り囲み、ダライ・ラマの身を守るとともに、チベットの独立や中国の撤退を訴えた。その数はラサ人口の半分にあたる3万人にのぼったといわれる。3月19日中国軍はノルブリンカ宮殿への砲撃を開始、多くの死傷者を出した。一方、ダライ・ラマは砲撃の直前にひそかにラサを脱出。インドに亡命政府を樹立した。10万人以上のチベット人がダライ・ラマを慕い、中国の弾圧を逃れるために、インドやネパールに脱出した。

チベットの現状と展望

チベット政府の発表によれば、中国軍の進攻以降、チベット総人口の5分の1に当たる120万人もが犠牲者となり、多くの僧院・寺院が破壊された。近年は中国政府の入植政策によりチベット人の民族的独自性が危機に瀕していると訴えている。また森林の乱伐や核廃棄物の投棄による環境破壊も懸念されている。自治拡大のための運動は、非暴力のデモばかりかダライ・ラマの写真の所持でさえ取り締まりの対象となっている。政治犯に対する拷問も多く報告されている。1987年の米国議会、西ドイツ議会、欧州議会で相次いでチベットにおける人権侵害に関する法案や決議が可決され、1989年にはダライ・ラマがノーベル平和賞を受賞するなど、国際社会の支持はチベットに集まっている。ダライ・ラマは一貫して非暴力の立場を貫き、柔軟な姿勢で中国への対話を呼びかけている。ダライ・ラマは チベット高原を、「人間と自然が調和して、自由に平和に暮らしていける保護区」(ノーベル平和賞受賞記念講演)である<アヒンサー地域(非暴力の聖地)>にすることを提案している。

History of Tibet's Struggle for Independence

Tibet, Before Chinese Invasion

The history of Tibet is said to date from unification by the country's first king, 2000 years ago. Buddhism, which was introduced in the 7th century, developed a unique form in Tibet, playing a vital spiritual role within the country and strongly influencing other countries. In the 17th century, the Dalai Lama, the religous leader considered to be an incarnation of Kwannon, became recognised also as Tibet's political leader.

In the 19th century, Britain targeted Tibet, which had until then maintained a policy of national isolationism. Britain's objective was extension of its Empire through East Asia, starting from India. In 1910, in the Chinese Qing (Manchu) period, Tibet's capital, Lhasa, was attacked by China, which feared enlargement of Britain's sphere of influence, and the 13th Dalai Lama escaped to India. In the following year, the Qing Dynasty was overthrown, China's troops were expelled, and the Dalai Lama was able to return to Tibet and declare independence.

Chinese Invasion of Tibet

In 1950, following establishment of the People's Republic of China, the People's Liberation Army (PLA) invaded Tibet, placing Tibet under military rule, to "liberate Tibet from foreign imperialists."

On March 10th, 1959, growing Tibetan popular resistance turned to revolt, and many Tibetans surrounded the Norbulingka Palace to prevent the kidnapping of the Dalai Lama and to demonstrate for Chinese withdrawal. Their number is said to have reached 30,000 - half the population of Lhasa. On March 19th, Chinese troops started shelling the palace, resulting in many casualties.

The Dalai Lama escaped to India shortly before this attack, and there established a government in exile. More than 100,000 of his supporters followed him as refugees to India and Nepal, due to Chinese suppression.

Present and Future of Tibet

According to the Tibetan government in exile, 1.2 million people (one fifth of Tibet's population) were killed, and many Buddhist monasteries and temples were destroyed. Tibetans express deep concern about China's immigration policy, which is superimposing a Chinese majority on Tibet. Environmental destruction has also resulted from deforestation and dumping of nuclear waste.

Tibet's independence movement has been suppressed; possession of pictures of the Dalai Lama is illegal, and even peaceful demonstrations are prohibited. Torture of political prisoners is reported.

In 1987 the governments of the USA, West Germany and other European nations legislated bills and resolutions regarding human rights infringements in Tibet. In 1989 more international support was gained through the award of the Nobel Peace Prize to the Dalai Lama, who continues to propose non-violent solutions, seeking dialog with the Chinese authorities, from a very flexible standpoint.

In his Nobel Peace Prize acceptance speech, the Dalai Lama proposed designation of the Tibetan highlands as a zone of "ahimsa" -- sacred ground where people can live in harmony with each other and nature.

年表

1939年 ダライ・ラマ14世即位。
1949年 中華人民共和国成立。
1950年 中国人民解放軍、東チベットに侵入。
1959年 チベット民衆の一斉蜂起。ダライ・ラマ、インドへ亡命。
1963年 チベット亡命政府、チベット憲法公布。
1965年 中国においてチベット自治区成立。
1987年 ダライ・ラマ、米国議会で「5項目和平案」発表。
1988年 ダライ・ラマ、欧州議会で前年の「5項目和平案」を具体化した「新和平案」発表。
1989年 ダライ・ラマ、ノーベル平和賞受賞。
1993年 ダライ・ラマ、国連世界人権会議で演説。

Chronology Of Struggle

1939 Public Declaration of the Official Recognition of the Fourteenth Dalai Lama.
1949 People's Republic of China is founded.
1950 China People's Liberation Army invades East Tibet.
1959 Uprising of Tibetans begins. Dalai Lama finds an asylum in India.
1963 The Tibetan government in exile announces the Constitution of Tibet.
1965 Tibetan Autonomous Region (TAR) is established in China.
1987 Dalai Lama delivers Five Point Peace Plan for Tibet at U.S.Congress.
1988 Dalai Lama delivers new Peace Plan for Tibet that embodies previous plan, at European Parliament.
1989 Dalai Lama wins Novel Peace Prize.
1993 Dalai Lama makes speech at World Conference of Human Rights.