自由へのメッセージ

「自由」のために、抑圧に抗して闘い続ける人々。生命を賭してまでも、求めようとする「自由」とは何か?
「自由自治」を教育理念にすえ、「自由」の探求と実践に取り組んできた京都精華大学が、3人のノーベル平和賞受賞者にインタビュー。
「自由」の意味を問いかけた。アウンサンスーチー(ビルマ)、ジョゼ・ラモス・ホルタ(東ティモール)、ダライ・ラマ(チベット)の3氏が、未来をになう若者たちへ贈る「自由へのメッセージ」。

全てのインタビューは、京都精華大学教職員で編成する「自由へのメッセージ」特別取材チームが行なったものである。インタビューは、特別取材チームの文責において翻訳・構成した。

制作:京都精華大学30周年記念事業実行委員会「自由へのメッセージ」特別取材チーム

Message for Freedom

Around the world, people struggle for their freedom against even the harshest suppression, to the point of risking their lives. But what is freedom? Why do people risk everything in its pursuit?
Since its foundation, Kyoto Seika University has upheld freedom and autonomy, both practicing and exploring the meaning of these essential principles.

In this year, we arranged special interviews by staff members with Nobel Peace Laureates Daw Aung San Suu Kyi, Jose Ramos-Horta, and the Dalai Lama.We dedicate these "Messages for Freedom" to future generations.

Produced by Kyoto Seika University 30th Anniversary Special Project Team for "Messages for Freedom"