「かくこと、きくこと、つくること」勇内真美個展/2019年3月6日(水)~3月16日(土)
  • TOP -トップ-
  • Exhibition -展覧会-
  • Collection -所蔵品-
  • About -ギャラリーフロールについて-
  • Access -アクセス-

京都精華大学ギャラリーフロール > 展覧会 > 「かくこと、きくこと、つくること」勇内真美個展

Exhibition - 展覧会 -

基本情報

「かくこと、きくこと、つくること」勇内真美個展

会期:2019年3月6日(水)~3月16日(土)
休館日:3月10日(日)、14日(木)
開館時間:12:00~17:00
入館料:無料
会場:京都精華大学ギャラリーフロール
主催:勇内真美

概要

「美術大学の博士課程はどんな論文を書くの?」
「何のために論文を書くの?」
よくこう尋ねられる。
大学院博士後期課程に在籍し、
「フォトグラム」でもある、「光の版画」に関する論文を執筆する中、
現地点での表現のカタチを本展覧会で提示する。

作家情報

勇内真美

1990 兵庫県姫路市生まれ
2019 京都精華大学院芸術研究科博士後期課程在籍

【個展】
2017 「Cell:The Position」KUNST ARZT/京都

【グループ展・プロジェクト】
2017 「SICF18  SPIRAL INDEPENDENT CREATORS FESTIVAL」スパイラルホール/東京
2016 「Multiply それぞれの地点より燐光する視点」ギャラリーフロール
2015 「ABLE&PARTNERS TOKYO DESIGNERS WEEK in MILANO 2015」TOKYO IMAGINE

■TOKYO STUDENTS
Padiglione Visconti(Via Tortona 58,)/イタリアミラノ

The petal of one piece: Position 一枚の花弁:位置

《The petal of one piece: Position 一枚の花弁:位置》2017年

  • WXPW[
  • ONx܂ł̓W
  • J^O
  • \Wɂ‚