自由の場所/2017年12月19日(火)~2018年1月11日(木)
  • TOP -トップ-
  • Exhibition -展覧会-
  • Collection -所蔵品-
  • About -ギャラリーフロールについて-
  • Access -アクセス-

Exhibition - 展覧会 -

基本情報

自由の場所

会期:2017年12月19日(火)~2018年1月11日(木)
休館日:年末年始(2017年12月29日~2018年1月4日)
開館時間:11:00~18:00
入館料:無料
会場:京都精華大学ギャラリーフロール
出品作家:菊畑茂久馬、西 雅秋、二藤健人、迫 鉄平、hyslom、京都精華大学
企画:櫻岡 聡

概要

「自由の問題は、今日の国家と世界の運命にかんする問題を考えようとするばあいに、それはわれわれの行く手に、聳立している絶壁のように感じられる。」(自由の問題,岡本清一,1959)

本展は2018年度の京都精華大学建学50周年に先駆けたプレ企画であり、京都精華大学の建学理念としても掲げられる「自由(自治)」に対し芸術的側面から改めて問い直す展覧会です。

1968年、東大闘争、全共闘と呼ばれる超党派的な学生運動が起こり、全国の大学がまさに紛争状態に突入する真っ只中、京都精華大学の前身となる京都精華短期大学が英語英文科、美術科の2学科をもって開学しました。同大学は同志社大学のリベラルな政治学者であった岡本清一を学長に据え、形骸化した学問の自由と大学の自治の再構築を目的として出発し、現在も、理念の実現のために組織の変化を続けています。

岡本清一の言葉にもあるように、自由の問題は、あらゆる文化において避けて通れない重要な問題です。芸術の歴史も自由をめぐる闘争の歴史と読み変えることが出来るのかもしれません。特に現代においては、政治の美学化が孕む問題はありつつも、権威への政治的な(美学的な)抵抗、権力の内面化からの解放は重要なテーマとして挙げられるでしょう。また、イメージを拡張するという役割も、人類の文化の豊穣さに寄与しているのは間違いありません。社会的に固定化された差異によらず、新しい差異・新しいイメージを生み出すことはそのまま自由の源泉となっているでしょう

本展覧会では、「自由」という人類の精神史における大きな問題について素朴に問い直してみたいとおもいます。それは芸術と社会のかかわりを、そして大学と社会のかかわりを考える上での、終わりのない対話の場所となるでしょう。もちろん本展覧会は答えではありません。本展覧会が、あらかじめ与えられた「自由な場所」ではなく「自由の場所」を探る実践のひとつとして、機能する事を期待します。

出品作家

菊畑茂久馬、西 雅秋、二藤健人、迫 鉄平、hyslom、京都精華大学

  • WXPW[
  • ONx܂ł̓W
  • J^O
  • \Wɂ‚