版画の未来図とグローバルヴィジョン/10月15日(月)~10月27日(土)
  • TOP -トップ-
  • Exhibition -展覧会-
  • Collection -所蔵品-
  • About -ギャラリーフロールについて-
  • Access -アクセス-

京都精華大学ギャラリーフロール > 展覧会 > 版画の未来図とグローバルヴィジョン

Exhibition - 展覧会 -

基本情報

版画の未来図とグローバルヴィジョン

会期:2012年10月15日(月)~10月27日(土)
休館日:日曜日
開館時間:10:30~18:30
入館料:無料
会場:京都精華大学ギャラリーフロール
主催:京都精華大学 芸術学部 版画コース
同時開催:所蔵品展示 ジョセフ・アルバース(常設展示室)

概要

20代のアーティストが版画という平面造形の方法を用いて、今の時代にどのような世界を提示するのかという趣旨のもと、「版画の未来図」と「版画のグローバルヴィジョン」という二部構成で作品を展示します。

「版画の未来図」では、版画というキーワードを軸に多様な版画技法で作品を展開する6名のアーティストを選出しました。ステファン・ラッセル(本学大学院 芸術研究科博士後期課程 在籍)は写真のデジタル出力による作品、本田このみ(本学版画コース 卒業)は伝統的な木版画技法でポップな世界を表現、水長遥(倉敷芸術科学大学大学院 芸術研究科修士課程 修了)は新しい版画技法であるポリマー版画で影をテーマにした作品、前川宗睦(名古屋芸術大学大学院 美術研究科 修了)は版画的思考による絵画作品、野田仁美(京都市立芸術大学大学院 美術研究科 修了)はリトグラフを用いて不可思議な世界を表現する作品、但馬摩衣子(成安造形大学 洋画コース卒業)は木版凹版で独自にアレンジした浮世絵の作品を展示しています。また2階スペースでは本学大学院芸術研究科版画専攻の13名の学生が、幅広い版画領域で制作した作品を発表しています。

「版画のグローバルヴィジョン」では、本学の海外提携校であり現在まで数多くの版画コースの学生が交換留学で交流をしてきた、カンバーウェル・カレッジ・オブ・アート、ロードアイランド・スクール・オブ・デザイン、ユトレヒト・スクール・オブ・アート、ホンイク大学の4校と、ロイヤル・カレッジ・オブ・アートの学生作品を展示します。

日本、韓国、アメリカ、イギリス、オランダの20代のアーティストたちが、版画を通じて現在の世界をいかにとらえているかを感じていただければ幸いです。

出品作品

無題
《プログラムに基づいた化学準安定の記述機械は現実の兆候を与える》2012
シルクスクリーン
Trevor Abbott(カンバーウェル・カレッジ・オブ・アート 大学院在籍)
無題
《ssshapeee》2012
銅版、木版
蔡多暎/Chae Dayoung(ホンイク大学 大学院在籍)
ピエタ(12点組)
《Studie Voor Waterplant》2012
シルクスクリーン
Yorian V Winkoop(ユトレヒト・スクール・オブ・アート 3年)

記録

seika-sekaiブログ「版画の未来図とグローバルヴィジョン」2012.10.24
from KYOTOブログ「版画の未来図とグローバルヴィジョン」 ギャラリーフロール 2012.10.23
・京都新聞(朝刊 美術 催し欄)「版画の未来図とグローバルヴィジョン」2012.10.20
京都で遊ぼうART「版画の未来図とグローバルヴィジョン」2012.10.15

  • WXPW[
  • ONx܂ł̓W
  • J^O
  • \Wɂ‚