溶ける魚 -つづきの現実/1月10日(木)~1月26日(土)
  • TOP -トップ-
  • Exhibition -展覧会-
  • Collection -所蔵品-
  • About -ギャラリーフロールについて-
  • Access -アクセス-

京都精華大学ギャラリーフロール > 展覧会 > 溶ける魚 -つづきの現実

Exhibition - 展覧会 -

基本情報

溶ける魚 -つづきの現実

会期:2013年1月10日(木)~1月26日(土)
休館日:日曜日・祝日 
開館時間:10:30~18:30
入館料:無料
会場:京都精華大学ギャラリーフロール
主催:「溶ける魚 -つづきの現実」実行委員会
同時開催:常設展示 現代日本の彫刻

概要

本展のタイトル「溶ける魚」は、フランスの文学者アンドレ・ブルトンが1920年代に執筆した小説の題名から引用しています。20世紀の最も重要な芸術思想のひとつであるシュルレアリスムを代表する文学作品として知られる『溶ける魚』は、自動記述という実験的な手法によって書かれてい ます。前後の論理的な脈絡を無視した言葉・文章の連なりは、「意味」の束縛から読む者の精神を解き放ち、自由で豊かな、美しいイメージの世界へと誘います。「溶ける魚」という言葉そのものが、論理的なつながり=意味からの解放を象徴した言葉だといえるでしょう。(中略)

本展で提示される作品はいずれも、現実から遊離・逃避した空想や幻想でもなく、かといって現実そのものの是認や肯定、複製でもありません。展覧会タイトルの「つづきの現実」という言葉には、作品が立つべき位置の理想を託しました。作家自らが精神の内奥を見つめ、そこから汲み上げ何かに形を与えた表現として、作品を通じて「つづきの現実」を提示することが本展の大きな狙いです。

「つづき」という言葉には、シュルレアリスムという美術史の金字塔に向き合い、その意味を今一度探り直し、その「つづき」としての自己に意識を向けてみようという、本展に臨む私たち作家の意思も込められています。日頃シュルレアリスムを意識して制作に取り組んでいる作家も、またシュルレアリスム的な作品を制作している作家も本展には含まれていません。しかしながら、コラージュやデペイズマン、フロッタージュなどの造形手法から、今や「奇妙」を意味する日常語と して定着した「シュール」という言葉にいたるまで、シュルレアリスムの多大な影響は現代の日本においてもその効力を強いままに維持しています。本展は、参加作家ひとりひとりがこの大きな美術史上の存在と今一度対峙し、それをきっかけに自らの制作を新たな目で再確認するための場でもあります。

「溶ける魚」「シュルレアリスム」というキーワードと出品作家それぞれの作品、また作家の作品同士が様々に化学反応を起こし、鑑賞者の心の中に「つづき」の物語を紡ぎだすこと、さらには美術史の「つづき」としての現代美術の魅力を鑑賞者に開示する機会となれば幸いです。

「溶ける魚 -つづきの現実」実行委員会(代表 衣川泰典、高木智広)

作家情報

《Red》
《Red》2011年

荒木 由香里

1983年
三重県生まれ
2006年
名古屋芸術大学 美術学部 造形科研究生 修了

身のまわりのありふれた日用品などのモノを作品の素材としている。本来の使用目的や意味から解放されながらも、それらの素材が集まることで原初的なエネルギーを感じる新たな造形を生み出す。どこかオブセッショナルで不気味な空気を漂わせながら、美しく、ユーモラスでもある。

2009年
「眼差しと好奇心vol.5」(Soka Art Center 台北/台湾)
「アーツチャレンジ2009」(愛知芸術文化センター/愛知)
2010年
「群馬青年ビエンナーレ2010」(群馬県立近代美術館/群馬)
「NAVIGATION 庄司達退官記念展」(文化のみち 橦木館/愛知)
2011年
個展「Constellation」(studio J/大阪)
「ヨッちゃんビエンナーレ2011」(de sign de>/大阪)
個展「あいちアートプログラム 荒木由香里展 星を想う場所」(佐久島/愛知)
個展「Epistemology」(AIN SOPH DISPATCH/名古屋)
2012年
個展「APMoA Project ARCH 何ものでもある何でもないもの」(愛知県美術館/愛知)

そのほか、個展・グループ展多数

《スクラップブックのような絵画#6(僕達の記憶Ⅱ)》
《スクラップブックのような絵画#6(僕達の記憶Ⅱ)》2012年

衣川 泰典

1978年
京都生まれ
2004年
京都精華大学大学院 芸術研究科 修了

大画面の支持体に、印刷物やプライベート写真を使ったコラージュとペインティングで風景を描き出す。世界から切り取られるように描かれた風景など、記憶の断片を集めたスクラップブックのような画面から、共有できる記憶の姿が浮かび上がる。

2010年
「ふれて / みる」(中京大学C スクエア/愛知)
個展「みえないものにふれてみる」(neutron kyoto/京都)
個展「束の間の私達」(neutron tokyo/東京)
2011年
「第14回岡本太郎現代芸術賞展」(川崎市岡本太郎美術館/神奈川)
「奈良・町家の芸術祭 HANARART」(今井(橿原市)出合町家/奈良)
2012年
個展「僕達の記憶 ースクラップブックのような-」(LIXILギャラリー/東京)

そのほか、個展・グループ展多数

《木村 了子+安喜 万佐子 コラボレ−ション作品(イメージ画像)》
《木村 了子+安喜 万佐子 コラボレ−ション作品(イメージ画像)》2012年

木村 了子

1971年
京都府生まれ
1997年
東京芸術大学大学院 美術研究科 修士課程壁画専攻 修了

伝統的な日本画の手法を用い、東洋の美しい男性(イケメン)をモチーフに様々なテーマで描いた作品を発表。女性目線による男子の爽やかなエロティシズムの表現には定評がある。王子様や人魚、ターザンやカウボーイなどファンタジックな男性像が織り成す作品群は、過去と現在、和と洋が絶妙に交差する独特の画風を形成。※今展では洋画家、安喜万佐子とのコラボレーション作品を出品

2009年
個展「Born to be wild 目覚めろ、野性!」(三潴画廊/北京、布査國際當代藝術空間/台北)
2010年
個展「木村了子式 婚活DATE☆双六」 オリジナル版画展(KIDO PRESS Inc./東京)
「Le Japon Vintage et Contemporian」(Galerie Vanessa Rau/パリ)
2011年
「激凸展」(Unseal Contemporary/東京)
個展「楽園」(ミヅマ・アクション/東京)
個展「LA FASCINATION DES BEAUX HOMMES - 美男礼賛」(Galerie Vanessa Rau/パリ)
2012年
「GOLD EXPERIENCE 2 日韓現代金箔絵画 ~金鯱によせて~」(愛知芸術大学サテライトギャラリー/名古屋、常懐荘/小牧)

そのほか、個展・グループ展多数

《木村 了子+安喜 万佐子 コラボレ−ション作品(イメージ画像)》
《木村 了子+安喜 万佐子 コラボレ−ション作品(イメージ画像)》2012年

安喜 万佐子

1995年
京都精華大学大学院 美術研究科 修了
2001年
エジンバラ芸術大学(英国)アーティスト・イン・レジデンス
2004年
アーモスト大学(米国)ゲスト・アーティスト

鉱物そのものを画材とするテンペラなど近代以前の絵画技法を取り入れ、実在する「風景」を描く。近年の作品には、東洋的自然観や身体観を再考させる金箔を用いた作品もあり、「風景」に照射される身体感を浮かび上がらせる。※今展では日本画家、木村了子とのコラボレーション作品を出品

1999年、2002年
「VOCA展 ‒新しい平面の作家たち」(上野の森美術館/東京)
2001年
個展「Edinburgh Project」(Sculpture Court Gallery, Edinburgh/UK)
2004年
「Confronting Tradition」(Smith College of Art, Massachusetts/USA)
2008年
「崇高から不気味まで」(CASO/大阪)
2010年
「Gold Experience」(Hyun Gallery/韓国)
2011年
個展 「Absence of Light -歩行と逆光-」(galerie 16/京都)
2012年
「Inverse Perspective Project・風景の逆照射」(ギャラリーフロール/京都)
「Gold Experience 2」(愛知県立芸術大学サテライトギャラリ―/愛知)

そのほか、個展・グループ展多数

《落鳥の森》
《落鳥の森》2011-2012年

高木 智広

1972年
岐阜県生まれ
1992年
武蔵野美術大学短期大学部 美術科 卒業

西洋の古典絵画の技法によって自然と人間と関係をテーマに制作。近年はより日本的なアイコンを用いて、幕末から近代にかけての絵画のような日本と西洋の狭間の揺らぎ、不穏さを内包した絵を描いている。

2006年
個展「ヒトが演じる動物園」(なびす画廊/東京)
2009年
個展「ODD EYE, SLEEPING」(unseal contemporary/東京)
2010年
個展「FUR,AWAY」(elsa art gallery/台北)
2011年
「激凸展」(unseal contemporary/東京)
個展「落鳥の森」(unseal contemporary/東京)
2012年
「第15回岡本太郎現代芸術賞展」(川崎市岡本太郎美術館/神奈川)

そのほか、個展・グループ展多数

《Big Day Coming》
《Big Day Coming》2012年

中屋敷 智生

1977年
大阪府生まれ
2000年
京都精華大学 美術学部 造形学科 洋画分野 卒業

激しい色彩と牧歌的な風景が同居した絵画を制作。現実と非現実な世界が混在した絵画は絵の空間にかかわる私達の体験や記憶を揺さぶる。

2006年
「アーティスト・イン笠島『記憶の集積を創造の海へ展』」(真木邸/本島、香川)
2007年
個展「ANTENNA」(ギャラリーアルテ/香川)
「とよた美術展’07」(豊田市美術館/愛知)
2009年
「ART LINK PROJECT 2009」(白石島・真鍋島/岡山)
2010年
個展「Dream of Memories」(ギャラリーアルテ/本島、香川)
「Food for the senses」(海岸通ギャラリーCASO/大阪)
「IWAKI ART TRIENNALE 2010」(いわき市/福島)
2011年
「KYOTO APERTO Open Studio Walk」(ASK/京都)
「塩飽本島~晴れに耕す。そしてアート~2011」(本島/塩飽諸島)
2012年
「(FUKUSHIMA ART プロジェクト)×(福島∞京都)」(元・立誠小学校/京都)
個展「Big Day Coming」(GalleryPARC/京都)

そのほか、個展・グループ展多数

《ピンセットの刺さった円柱の飯は木彫りの台を貫通する》
《ピンセットの刺さった円柱の飯は木彫りの台を貫通する》2010年

花岡 伸宏

1980年
広島県生まれ
2006年
京都精華大学大学院 芸術研究科 博士前期課程 修了

おもに木や樹脂を用いた作品の多くは、互いにまるで無関係な要素がコラージュされている。脈絡の無いもののイメージ同士を組み合わせることで、それらに付随する意味や価値、物語性などを曖昧にしている。文脈を超え意味を失っても存在し続ける彫刻作品を目指している。

2009年
「第12回岡本太郎現代芸術賞展」(川崎市岡本太郎美術館/神奈川)
「After School ・ 放課後の展覧会」(元 立誠小学校/京都)
2010年
「ボクラノミカタ」(ガレリアフィナルテ/名古屋)
2011年
「激凸展」(unseal contemporary/東京)
2012年
個展「入念な押し出し」(ギャラリー恵風/京都)
個展「回帰」(GalleryPARC/京都)

そのほか、個展・グループ展多数

《overlap》
《overlap》2012年

林 勇気

1976年
京都生まれ
 
現在は宝塚大学造形学部准教授

身近な物事を撮影した膨大な量のデジタル写真を切り抜き、繋ぎ合わせたアニメーション・映像作品を制作。私達が現実と信じる世界像と同じようなリアリティを備えた仮想空間的な世界の出来事を描き出す。

2009年
「Re:membering Next of Japan」(Doosan art center, Gallery loop/韓国)
「migratory - 世界に迷い込む - 」(アートコートギャラリー/大阪)
2010年
「ふれて / みる」(中京大学 Cスクエア/愛知)
2011年
「human-frames」(Kunst im Tunnel、他/ドイツ、シンガポールを巡回)
個展「あること being/something」(兵庫県立美術館/神戸)
2012年
「映像芸術祭moving」(Social Kitchenにて個展、他/京都市内)
「モニターとコントローラーの向こう側へ -美術とテレビゲーム-」(neutron-tokyo/東京)

そのほか、個展・グループ展多数

《転校生/手紙》
《転校生/手紙》2009年

藤井 健仁

1967年
愛知県生まれ
1990年
日本大学 芸術学部 卒業

鉄による彫刻作品を制作。鉄という物質は近代文明の象徴であると同時に、私たち人間を組成する物質といえる。鉄を表現素材として扱うことで、近代文明や私たち自身の限界を問い直す。

2005年
第八回岡本太郎記念現代芸術大賞展 (川崎市岡本太郎美術館/神奈川)
2007年
City_net Asia 2007(ソウル市立美術館/韓国)
2008年
個展「 鉄面皮Extended」(ストライプハウスギャラリー/東京)
2009年
個展「 Double Irony」(Gallery M contemporary art/愛知)
2011年
激凸展(unseal contemporary/東京)

そのほか、個展・グループ展多数

《絵の具の絵(バーミリオン)》
《絵の具の絵(バーミリオン)》2012年

松山 賢

1968年
岩手県生まれ
1993年
京都市立芸術大学 大学院 修了

絵画は、色と形、マチエールから成り立っています。絵具で作られる色、筆などの道具によって描かれた形、筆触、支持体、絵具の物質感、として見えます。赤い色の面は、赤い色の絵具が塗られたもの、写真のように立体的に描かれた皿は、キャンバスに置かれた絵具の集積の結果にすぎないのです。(※「絵の具の絵」ステイトメント抜粋)

1997年より
個展、グループ展など。
1998、1999年
「 キリンコンテンポラリーアワード受賞作品展」
2012年
「 第15回岡本太郎現代芸術賞展」(川崎市岡本太郎美術館/神奈川)

そのほか、個展・グループ展多数

《晩餐》
《晩餐》2011年

満田 晴穂

2008年
東京藝術大学 美術研究科 修士課程彫金研究室 修了

伝統的な彫金の技術を用いて自在置物を制作している。おもに銅、真鍮を素材として制作された生物達は人間の手技による限界を感じさせず、現実を超越した現実感を備えている。

2010年
個展「自在」(ラディウム-レントゲンヴェルケ/東京)
個展「JIZAI」(日本橋三越本店本館/東京)
2011年
「掌10」(ラディウム-レントゲンヴェルケ/東京)
「手練~巧術疎其之貳」(スパイラル/東京 )
2012年
個展「JIZAI」(日本橋三越本店本館/東京)

そのほか、個展・グループ展多数

《主題“artificial s.”から、作品「無題」》
《主題“artificial s.”から、作品「無題」》2004年

麥生田 兵吾

1976年生まれ
 

写真家。近年はWeb上で日々途切れる事なく写真イメージを積み重ねていく「pile of photographys」と、支持体や実際の空間と写真イメージを強く関わらせた作品群「Artificial S」に取り組んでいる。

2010年
「THE TOKYO ART BOOK FAIR 2010」:「Zine port」の一員としてZineを出品(3331千代田ARTS/東京)
2011年
「THE TOKYO ART BOOK FAIR 2011」:「Zine port」の一員としてZineを出品(3331千代田ARTS/東京)
グループ展「in the waitingroom」(waitingroom/東京)

2010年1月~現在:写真作品「pile of photographys 」をWeb上で更新中

記録

from KYOTOブログ「溶ける魚 -つづきの現実」開催中!ギャラリーフロール 2013.01.21
・京都新聞(朝刊 美術欄)美術家個々の姿勢を問う「溶ける魚 -つづきの現実」展 2013.01.19
・朝日新聞(夕刊 展覧会 催し欄)「溶ける魚 -つづきの現実」 2013.01.16
・京都新聞(朝刊 市民版まちかど情報欄)「溶ける魚 -つづきの現実」 2013.01.08
京都で遊ぼうART「溶ける魚 -つづきの現実」 2013.01.08

  • WXPW[
  • ONx܂ł̓W
  • J^O
  • \Wɂ‚
  • \Wɂ‚