Stone Appreciation/12月6日(火)~12月21日(水)
  • TOP -トップ-
  • Exhibition -展覧会-
  • Collection -所蔵品-
  • About -ギャラリーフロールについて-
  • Access -アクセス-

Exhibition - 展覧会 -

基本情報

Stone Appreciation

会期:2011年12月6日(火)~12月21日(水)
休館日:日曜日
開館時間:10:30〜18:30
入館料:無料
会場:京都精華大学ギャラリーフロール(2階展示室・常設展示室除く)
主催:京都精華大学芸術学部小松研究室
助成:CCW GRADUATE SCHOOL/Central Saint Martins/University of the Arts London
同時開催:コレクション*テーマ展示4「点と線|dots and lines」(常設展示室)常設展示 ジョルジュ・ルオー 版画集『悪の華』(2階展示スペース)

概要

本展覧会では40枚以上のポストカードのコレクションが、ギャラリー空間を横切って展示されます。ポストカードは全て同じように見えますが、少しずつ異なります。その一枚一枚は、支えなしで立つ石としてはイギリスで最も巨大であるといわれる巨礫、「バウダー・ストーン」(The Bowder Stone)を記録したものです。

ダンヒルとオブライエンがこの巨礫に対して興味を持つきっかけとなったのは、過去の写真をもとに1868年に描かれた絵画のポストカードを目にしたことでした。その中でも彼らの関心を惹いたのは、巨礫そのもの以上に岩の頂点に階段が掛けられていることでした。その階段によって、単なる印象的な自然物は「高座」と「展望台」の両方に見立てることのできる、痛々しい建築物に変容します。その石は、イギリスで最も「保護されてきた」場所の一つである有名な湖水地方にあり、そこで人の手を加えられ利用されてきました。

ギャラリーのメインスペースでは、新作の大きなスケールの彫刻を展示します。70メートルのキャリコ(無地の綿布)が、バウダー・ストーンの 頂上部分をドレスメーカーのトワル(型取り用の粗布)のように型取ります。ギャラリー空間に対してはやや大きすぎる、巧緻に仕立てられたその原型は、丁寧に作られた木製の支柱により支えられます。

また、京都精華大学芸術学部造形学科の学生達との共同制作による「Stone Appreciation Study Room」を併設します。そのスペースには、アイルランドのブラーニー・ストーン(Blarney Stone)、オーストラリアのトーピド・ロック(Torpedo Rock)、米コロラドのバランスト・ロック(Balanced Rock)、京都の龍安寺の石(この場合はクッションカバーの織物として)といった、文化的価値のある石のイメージやオブジェのコレクションが展示されます。

A collection of over forty picture postcards traverses the gallery space. Similar, but different to a greater or lesser extent, each of these pictorial mementos records ‘The Bowder Stone’, allegedly the largest free-standing boulder in the UK.

Several years ago it was a postcard of a painting made in 1868, based on an earlier photograph, that prompted Dunhill and O’Brien’s initial interest in this massive boulder. More than the boulder itself however, it was the addition of a staircase leading to the top of the rock that caught their attention – turning an otherwise impressive natural phenomena into a poignant architectural form, posing as both a pulpit and viewing platform. Here in one of the most ‘unspoilt’ areas of England (the famous Lake District) is a rock that has been tamed and domesticated.

In the main space of the Gallery Fleur, Dunhill and O’Brien will be presenting a new large-scale sculpture. Seventy metres of cotton calico have been formed like a dressmaker’s toile directly on the top section of the Bowder Stone. This detailed and tailored prototype, somewhat over sized for the gallery space, is supported by an elaborate construction of wooden props.

Meanwhile the ‘Stone Appreciation Study Room’, made with the participation of KSU’s Fine Art students involves a collection of images and objects that relate to the cultural status of stones, from the Blarney Stone in Ireland to the Torpedo Rock of Australia, the Balanced Rock of Colorado to Kyoto’s own Ryoanji rocks, in this case as a woven image on a cushion cover.

作家情報

「Examples in Sculpture」

《Examples in Sculpture》 2003
photo:Dunhill and O'brien

Dunhill and O'Brien
http://www.dunhill-obrien.org/

MARK DUNHILL AND TAMIKO O'BRIEN

マーク・ダンヒルとタミコ・オブライエンは1998年以来共同制作を続けており、イギリス英国、アイルランド、オランダ、イタリア、ドイツ、日本において、ギャラリーやプロジェクトスペースで展覧会を行なってきました。ローマのブリティッシュスクール、オランダのシェルトゲンボッシュにある欧州陶芸センターや、東京の遊工房アートスペースのアーティスト・イン・レジデンスにも参加しています。

二人は、個々の嗜好や自己表現が作品に反映されることを避けるために、精巧な装置や戦略、および他者の参加を伴う共同作業を行ってきました。シトー派修道院の床にある古代の穴、イサム・ノグチの巨大な石彫、二人の過去の作品といった既存のオブジェを転用した作品も発表しています。

現在、マーク・ダンヒルは、ロンドン芸術大学セントラル・セント・マーチンズ・カレッジ・オブ・アート・アンド・デザインの芸術学部長、タミコ・オブライエンは、ロンドン芸術大学キャンバウェル・カレッジ・オブ・アーツの副学長を務めています。両校は京都精華大学の海外協定校です。

Mark Dunhill and Tamiko O’Brien have been working collaboratively since 1998 and have exhibited in galleries and project spaces in the UK, Ireland, Holland, Italy, Germany and Japan. They have participated in residencies at the British School at Rome, the European Ceramic Work Centre s’Hertogenbosch, Holland and Youkobo Art Space, Tokyo.

Their joint practice has involved elaborate devices, strategies and the participation of others in ways that allow them to make new work together, that attempt to side step their own individual taste and self expression. At times they have co-opted existing objects to help them in this endeavour – an ancient hole in the floor of a Cistercian Abbey, one of Noguchi’s largest stone carvings as well as their own ‘pre-collaborative’ artworks.

Mark Dunhill is currently Dean of Art at Central Saint Martins College of Art and Design, London while Tamiko O’Brien is Associate Dean of College at Camberwell College of Arts, London.

関連イベント

アーティストトーク&レセプション

日時:12月7日(水)18:00〜
会場:本館5F H501教室

  • WXPW[
  • ONx܂ł̓W
  • J^O
  • \Wɂ‚
  • \Wɂ‚