ORGANIC RELATIONSHIPS~反復 反響する次世代へ/9月23日(金)~10月15日(土)
  • TOP -トップ-
  • Exhibition -展覧会-
  • Collection -所蔵品-
  • About -ギャラリーフロールについて-
  • Access -アクセス-

京都精華大学ギャラリーフロール > 展覧会 > ORGANIC RELATIONSHIPS~反復 反響する次世代へ

Exhibition - 展覧会 -

基本情報

ORGANIC RELATIONSHIPS~反復 反響する次世代へ

会期:2011年9月23日(金)~10月15日(土)
休館日:日曜日
開館時間:10:30〜18:30
※9月30日(金)は関連イベントの準備の為、観覧は14:00で終了させていただきます。
入館料:無料
会場:京都精華大学ギャラリーフロール(2階展示室・常設展示室除く)
主催:京都精華大学情報館
協力:Center for COSMIC WONDER、Taka Ishii Gallery
同時開催:somesuch

概要

「ORGANIC RELATIONSHIPS~反復 反響する次世代へ」展は、COSMIC WONDERのアートプロジェクトの一環として、7組の作家によるグループ展です。参加アーティストはAnders Edstrom、Yukinori Maeda、Jue and Anoa、木村友紀、J. Parker Valentine、Stephen Sprott、Jay Chung & Q Takeki Maeda。日常に焦点を当て、継続的でミニマルな行動に視点を持つ各作家による写真や映像、ドローイング、音楽、本によって構成される展示です。

反復 反響する次世代へ

生態系と繋がりのある有機的な意図
収縮 拡大
個から発信する波動を以て 広がりのある波形を描く
発生し 育成する それぞれの関係性
(Jue and Anoa コンセプトシートより)

わたしたちは、ひとつの地平に生まれ、呼応しながら継続と創造を繰り返しています。
すべてをみずみずしく包有するこの場所で、時に立ち止まり、風の流れを聞き、歌い、
無限のグラデーションを彩りながら、日常の営みをつづけています。
習慣と心の隙間を奏でるインターバルを愛をこめて描き、時間の推移と記憶を感じながら、
また、宇宙に交差するわたしたちひとりひとりの光、振動を確認しながら

この展覧会では、わたしたちの日常に焦点をおとし、
継続的かつミニマルな行動に視点をもつ作品との相関関係から、
有機的で集中的な観察を加えていきます。
生命を生命としてとらえること、また、素朴で愛情のこもった関係を育むという
人生で大切なことをいかに見つめていられるかということ。
これらを問いとして語ることを可能にする空間、わたしたちの日常。
美しいまでにひとつの道すじをしめしてくれるものが、
今ここに確かに在るのかもしれません。

作家情報

About Organization Cosmic Wonder / About Center for COSMIC WONDER

Cosmic Wonderは1997年より、美術作家YUKINORI MAEDAによってはじまったオーガニゼーションです。アート、ファッション、出版に関する3つの異なるプロジェクトを通じ、国際的に発表活動を行っています。アートプロジェクトである「COSMIC WONDER」、ファッションを含むライフスタイル全般のプロダクツの制作を行う「COSMIC WONDER Light Source」、印刷物や音楽CDを制作する「COSMIC WONDER Free Press」これらの活動がひとつとなり、Cosmic Wonderというオーガニゼーションを形成しています。
2007年、活動を体現する拠点として、東京と大阪に、Center for COSMIC WONDERをオープンいたしました。COSMIC WONDERの作品発表や、COSMIC WONDER Light Sourceの販売、COSMIC WONDER Free Pressの出版事業に関する活動、また、キュレーション活動による展覧会やコンサートなどを開催しています。COSMIC WONDERのアートプロジェクトの一環として展開されるCenter for COSMIC WONDERでの展覧会は、鑑賞者ひとりひとりの宇宙からの響きを共鳴する場所として交わり、共有する時間と空間から新しい地平を開き続けています。

出品作家

Jue and Anoa
Yuki kimura
Anders Edstrom
Yukinori Maeda
Stephen Sprott
J.Parker Valentine
Jay Chung & Q Takeki Maeda

Center for CWでの展覧会の場合、bioにあえて統一性を持たせていない理由には、bioひとつとっても、それぞれの個性、また、作品とも連動して伝えられる表現が存在すると感じられる理由によってです。
また、こちらですべての情報を揃え整理して提示するよりは、鑑賞者には、興味をもった作家の他の作品や活動について、それぞれの歩み寄り方で出会って欲しいという展望もあるためです。

関連イベント

"ORGANIC RELATIONSHIPS - DANCE PARTY"

ORGANIC RELATIONSHIPS - DANCE PARTY

JUE AND ANOA "Organic Relationships" × YOSHIMIO with DRUMS
(Tatekawa Yo2ro, Yoshimi from BOREDOMS)

日時:2011年9月30日(金)18:00-19:00(開場 17:00)入場無料
会場:京都精華大学ギャラリーフロール

※参加者多数の場合入場を制限する場合がございます。あらかじめご了承ください。

  • WXPW[
  • ONx܂ł̓W
  • J^O
  • \Wɂ‚