>>戻る
京都精華大学 ギャラリーフロール 所蔵品 セレクション 100

2010年度の展覧会第1弾として「京都精華大学ギャラリーフロール所蔵品セレクション100」を開催いたします。これまで所蔵品展は12,000点におよぶ所蔵品の中からあるテーマやジャンルを設定して開催して来ましたが、この方法では残念ながら展示される機会のない作品が数多く存在することになりました。そこで今回の展示は特にテーマやジャンルにこだわらず、皆さんに特に紹介したい作品約100点を展示して、所蔵品の多様性を体験してもらうことを目的としています。すでに2009年度から「所蔵品検索システム」により、全所蔵品を検索することが可能になっていますが、この展覧会によってこれまで目に触れることのなかった作品も含め、実作品によって鑑賞していただくよい機会となります。

主な出品作品(順不同)

伊藤若冲「若冲画譜」再版
歌川国芳「太平記英勇伝」
棟方志功「鯉の図」
須田国太郎「鷲」
富山妙子「20世紀へのレクイエム・ハルビン駅」
赤瀬川原平「大日本零円札」
鮎沢まこと「画聖の描いたのらくろ」
シュウゾウ・アヅチ・ガリバー「重量(人間ボール)」
西田 潤「絶」
パブロ・ピカソ「仕事をする画家」
レオナール・フジタ「日本昔話」(挿絵)
アラン・ワッツ「Point to Point」
アンテ・ダブロ「ヒューマンスケープ」