>>戻る

「鏡」―微睡みと反射― 

会 期
11月29日(木)〜12月9日(日)
時 間
10:30〜18:30
休館日
水曜日(※入場無料)
会 場
京都精華大学ギャラリーフロール
〒606-8588
京都市左京区岩倉木野町137
Tel:075-702-5230
Fax:075-705-4076
E-Mail:fleur@kyoto-seika.ac.jp
>>会場へのアクセス
>>キャンパスマップ

企 画
アマノ雅広
主 催
陳 維錚
共催・後援
京都市国際交流協会
協 力
国際文化会館、株式会社ヨンキュウ、京都カンプリ、スカイプラザ浜大津、N.On & Rumett エージェンシー、フォトグラフィ&アートワークス
助 成
日米友好基金 関西元気文化圏参加事業
URL
http://masahiroamano.net/mirrors/

「鏡」―微睡みと反射―
The Mirrors : Comfortable Doze and Reflection

この展覧会のテーマである「鏡」は、自身の意味を持たせています。表現者の「鏡」と観客の「鏡」が向かい合うことで、垣間みる内なる発見(反射)と微睡みに包まれるような空間を体験できる展覧会です。ジャンルは、写真、映像、立体、パフォーマンスなどから、主にインスタレーションの手法でアプローチしていきます。展覧会のサブタイトルになっている“微睡み(まどろみ)”の意味は、水面に写る景色を眺めている時やガラスに反射した姿を見つめている瞬間、ナルシシズムなどを表しています。“反射”は、鏡(作品)に写る自身の内面の跳ね返りの反応の発見を示唆しています。

「鏡」―微睡みと反射―

出品作家:

  1. クリス・ネルソン《Mimises》Installation 2005
    Chris Nelson / USA
  2. 呉鴻《花開無声》Installation 2007
    Hong WU / China
  3. クロノズ《tea KURONOZ1(長野県天龍村》Performance 2004
    KURONOZ / Aichi http://homepage3.nifty.com/KURONOZ/
  4. 菅原布寿史《eva》Installation 2004
    Futoshi SUGAHARA / Kyoto  http://sugaft.com
  5. アマノ雅広《Passing.Looking at a discord/Weathering》Installation 2006
    Masahiro AMANO / Kyoto  http://masahiroamano.net
  6. 水谷イズル《スフィンクス》Installation 2007
    Izuru Mizutani / Aichi  http://izuru-mizutani.net/art/
  7. 陳維錚《Fluid Body》Installation 2006
    JuiChen TAN / Malaysia  http://tanjc.net
  8. 伊藤正人《Royal Blue Horizon》Installation 2007
    Masato ITO / Aichi

関連イベント:(会場:ギャラリーフロール)

11月30日(金)17:00
オープニングレセプション
12月 6日(木)17:00
ドクメンタ12報告会「国際展を見る」
進行:アマノ雅広 レポーター:白石由貴
12月 7日(金)16:00
シンポジウム「海外⇔京都 アートシーンを知る」
進行:アマノ雅広 パネリスト:出品作家+ゲスト
12月 8日(土)12:00
アーティストトーク
12月 8日(土)14:00
KURONOZ活動報告会

同時開催:「もう一つの鏡」―藝術交差― 展
     (http://masahiroamano.net/mirrors/

会期:
2007年12月5日(水)―12月16日(日)
時間:
12:00―19:00 [最終日16:00まで・入場無料・月曜日休館]
会場:
京都市国際交流会館 (http://www.kcif.or.jp/jp/footer/05.html)
作家:
アマノ雅広、川崎輝正、森脇多絵、神ア智子、Joseph MAIDA (アメリカ)、加藤元、もりやゆき、白石由貴(スイス)、福井周子、中村裕太、Aleks Bartosik (カナダ)、小浜はるみ、高須健市、Valérie Grand (フランス)、Catherine Allaeys (フランス)、北義昭、Cameron Schmitz (アメリカ)
>>戻る