>>戻る

「存在の場所」展 瓜生昭太 2007年11月15日(木)〜11月25日 

会 期
11月15日(木)〜11月25日(日)
時 間
10:30〜18:30
休館日
水曜日(※入場無料)
会 場
京都精華大学ギャラリーフロール
〒606-8588
京都市左京区岩倉木野町137
Tel:075-702-5230
Fax:075-705-4076
E-Mail:fleur@kyoto-seika.ac.jp
>>会場へのアクセス
>>キャンパスマップ

主 催
瓜生昭太

存在の場所

存在(モノがある)は多くの独立した認識可能なモノが、相互関係を作ることで成り立っている。

存在は集積し、そして場所を築き、位置と範囲を相互間で作り出す。
場所は多くの認識を総括し、多くの存在を支える場として環境を作り出す。

この「存在の場所」とは、モノと場所との関係性を省みること「存在と場所」では無く、相互の関係性を作り出すこと、もしくは確認する点を打つ行為としての 『存在が存在として規定される場所を探る』ことである。

瓜生昭太

瓜生翔太

1984
大阪府門真市生まれ
2007
京都精華大学芸術学部造形学科洋画分野卒業

個展

2007
『共にあること』-うりうの仕事2007- [画廊 編・ギャラリーかのこ]

グループ展

2006
『Intersection points』 [京都精華大学ギャラリーフロール]
2007
第37回京都精華大学 卒業・修了制作展'06 [京都市美術館]
2007
No Drink No life vol.1 communication!飲ムnication!!展 [馬場宅]
>>戻る