京都精華大学ギャラリーフロール
戻る

西田潤展 絶

京都精華大学美術学部(現芸術学部)陶芸分野出身で現代陶芸のホープとして注目を集め、国内外のコンクールで受賞を重ねるなどの活躍を続ける中、2005年に急逝した西田潤の追悼回顧展です。

西田潤は1977年大阪府生まれ。京都精華大学美術学部(現芸術学部)陶芸分野を卒業後、同大学の助手、非常勤講師を勤めました。

個展、グループ展を開催しつつ、2000年第38回朝日陶芸展奨励賞をはじめ、2001年第1回大韓民国世界陶磁ビエンナーレ(大韓民国)造形部門銅賞、2002年第6回国際陶磁器展美濃陶芸部門グランプリ、2003年国際現代陶芸コンクール(ファエンツァ)グランプリなどの受賞をしました。本展覧会では作家の代表作ともいえる、「絶」シリーズを中心に約20点を展示します。

会期:
2006年4月15日(土)〜5月14日(日)
時間:
10:30〜18:30
休館日:
水曜日 ※入場無料
主催:
京都精華大学
会場:
京都精華大学ギャラリーフロール
〒606-8588
京都市左京区岩倉木野町137
Tel:075-702-5230
Fax:075-705-4076
E-Mail:fleur@kyoto-seika.ac.jp
>>会場へのアクセス
>>キャンパスマップ
オープニングセレモニー:
4月15日(土)15:00〜
京都精華大学ギャラリーフロール

[おもな出品予定作品]

「絶」2000年
第38回朝日陶芸展 奨励賞
「絶」2001年
京都府美術工芸新鋭選抜展 優秀賞
「絶」2001年
第18回バロリス国際陶芸ビエンナーレ(フランス)
「絶」2003年
第6回国際陶磁器展美濃 グランプリ受賞者展(岐阜県現代陶芸美術館)
「絶」2003年
個展 ギャラリー空間白子(東京)
「絶」2004年
個展 目黒陶芸館(四日市)
「絶」2005年
京都府美術工芸新鋭選抜展(京都市美術館)
“絶”, 2004 119×80×90cm“絶”, 2004 119×80×90cm 個展(目黒陶芸館・四日市)
写真撮影:豊永政史
“絶”, 2001 74×74×66cm 京都府美術工芸新鋭選抜展(優秀賞)“絶”, 2001 74×74×66cm京都府美術工芸新鋭選抜展(優秀賞)
写真撮影:豊永政史

西田 潤略歴

1977
大阪生まれ
2000
京都精華大学美術学部(現芸術学部)
造形学科陶芸分野卒業
2002
京都精華大大学院芸術研究科
芸術専攻陶芸分野修了
京都精華大学芸術学部陶芸分野助手
2003
池坊短期大学非常勤講師
2004
京都精華大学芸術学部陶芸分野非常勤講師
2005
3月26日永眠、享年28才

◆西田潤WEBサイト

URL:http://jun-nishida.com

◆西田潤作品集について
『西田潤作品集 絶』(DVD付)

西田潤の作品『絶(ぜつ)』シリーズを収めた作品集です。
※詳細はこちらのページからご覧ください
青幻舎URL:http://www.seigensha.com

[個展]

2000、'01
陶展(同時代ギャラリー・京都)
2002
陶展(ギャラリー空間舎白子・東京)
2004
陶展(目黒陶芸館・四日市)

[企画展、公募展]

2000
第38回朝日陶芸展 奨励賞
2001
京都府美術工芸新鋭選抜展(京都文化博物館) 優秀賞
第1回世界陶磁ビエンナーレ(大韓民国) 造形部門銅賞
2002
第1回アミューズ・アーティスト・オーディション・イン京都 準グランプリ
第18回バロリス国際陶芸ビエンナーレ(フランス)
第6回国際陶磁器展美濃 陶芸部門グランプリ
2003
白磁・青磁の世界展(茨城県陶芸美術館)
第53回国際現代陶芸コンクール(ファエンツァ・イタリア)グランプリ
2004
台湾国際陶芸ビエンナーレ(台北) 審査員賞
京都府文化賞 奨励賞
2005
美術新鋭選抜展(京都市美術館)

“絶”, 2003 135×102×41cm 第6回国際陶磁器展美濃グランプリ受賞者展 (岐阜県現代陶芸美術館)
“絶”, 2003 135×102×41cm
第6回国際陶磁器展美濃グランプリ受賞者展
(岐阜県現代陶芸美術館)
写真撮影:豊永政史
“絶”, 2000 左43×67×56cm、右46×64×59cm 第38回朝日陶芸展(奨励賞)
“絶”, 2000 左43×67×56cm、右46×64×59cm
第38回朝日陶芸展(奨励賞)
写真撮影:豊永政史