京都精華大学ギャラリーフロール
戻る

AGI掛け軸展

AGI日本デザイン総会開催記念 掛け軸展

会期:2006年9月25日(月)〜10月1日(日)
※9月27日(水)は休館
時間:10:30〜18:30
入場無料
会場:京都精華大学ギャラリーフロール

AGIはAlliance Graphique Internationale(意:国際グラフィック連盟)の略称で、1952年にフランスのパリで、世界のデザイナーのネットワークを築くことを提唱し、創立されました。現在では世界28カ国を代表する360名の会員で構成され、日本からは24名が選ばれています。創立当初から毎年開催地を変えデザイン総会を開催してきましたが、今年は1988年以来、 18年ぶりに日本での総会との運びとなり、東京と京都の二都市で開催されます。
 ギンザ・グラフィック・ギャラリーと京都精華大学では、このデザイン総会の開催を記念して、会員有志による掛け軸展を開催いたします。掛け軸は、 季節や趣きにより簡単に掛け替え、巻いて収納できるという優れた機能性を誇る装飾形式で、12世紀以来、日本の住空間を彩ってきました。本展では 海外作家57名、日本作家19名が、この伝統的な掛け軸の世界に挑戦しました。総勢76名の作家が創りだす意欲作の数々をご堪能ください。

 AGI-JAPAN

出展作家

青葉益輝、浅葉克己、福田繁雄、原研哉、五十嵐威暢、勝井三雄、松井桂三、松永真、松下計、三木健、永井一正、長友啓典、中島英樹、新島実、佐藤晃一、U.G.サトー、佐藤卓、澤田泰廣、杉崎真之助、Bohatsch Walter、Fang Cao、Kan Tai Keung、Lau Siu Hong Freeman、Li Tommy、Wang Min、Wang Xu、Wang Yue Fei、Wong Stanley、Nygaard Finn、Piippo Kari、Baldinger André、Curchod Ronald、Madrelle Laurence、Zask Catherine、Brade Helmut、He Jianping、Hickmann Fons、Loesch Uwe、Monson-Baumgart Isolde、Wiese Bruno K.、Orosz István、Tartakover David、Balan Franco、Milani Armando P.、Sonnoli Leonardo、Ahn Sang-Soo、de Boer Michel、de Vringer Wout、Faydherbe Ben、Smitshuijzen Edo、Medina Fernando、Thomas Patrick、Jonsson Dan、Gottschalk Fritz、Lévy Jean Beoît、Oberholzer Sabina、Pesce Giorgio、Rüegg Ruedi、Troxler Niklaus、Karamustafa Sadik、Anderson Charles Spencer、Blechman Nicholas、Chwast Seymour、Cross James、Goldberg Carin、Greiman April、Niemann Christoph、Peckolick Alan、Sahre Paul、Schwartzman Arnold Martin、Sommese Lanny、Sussman Deborah、Wadden Douglas、Pol Santiago

同時開催の記念展

AGI日本デザイン総会開催記念 掛け軸展
場所:銀座/グラフィックギャラリー 
会期:2006年9月26日(火)〜30日(土)
URL:http://www.dnp.co.jp/gallery/ggg/index.html

AGI日本デザイン総会開催記念 代表作品展
「世界のグラフィックデザイン AGI-06」

場所:凸版印刷株式会社 印刷博物館P&Pギャラリー
会期:2006年9月23日(土)〜10月20日(金)
URL:http://www.printing-museum.org/jp/index.html

AGI日本デザイン総会開催記念
AGI日本会員新作ポスター展

場所:クリエイションギャラリーG8 
会期:2006年9月19日(火)〜9月29日(金)
URL:http://www.recruit.co.jp/GG/index2.html

AGI日本デザイン総会:トーキョート。AGI世界のデザイン二都物語。

AGI総会詳細はこちら
“AGI総会精華で開催”

1952年パリで創立以来、世界のグラフィックデザイナーの集合体として知られ28カ国360名(日本24名)で構成される国際グラフィック連盟(AGI)。そのデザイン総会を東京と京都両都市で開催します。日本での開催は実に18年ぶり。故亀倉雄策、故田中一光の二大巨匠に代わりオーガナイザーを務めるのは、浅葉克己と福田繁雄。京都精華大学では掛け軸の展覧会や水引、浮世絵、風呂敷の実演に基調講演「ジャンケン文明論」韓国のイ・オリョン(文学博士・韓国の初代文化相)。比叡山・延暦寺でAGI法要。東京ではギンザ・グラフィック・ギャラリーで掛け軸展、クリエイションギャラリーG8で日本会員新作ポスター展、桑沢デザイン研究所でスチューデントシンポジウム、印刷博物館P&Pギャラリーで代表作品展。グラフィックデザイン界の未来を創る新たなムーブメントが巻き起こる5日間です。