京都精華大学ギャラリーフロール
戻る
「ギャラリーフロール所蔵品展―現代美術の多様性」
ギャラリーフロール所蔵品展
村岡三郎"塩と酸素" 2000
会期: 2005年11月26日(土)〜12月18日(日)
時間: 10:30〜18:30
休館日:水曜日 ※入場無料
会場:京都精華大学ギャラリーフロール
   〒606-8588
   京都市左京区岩倉木野町137
   Tel:075-702-5230
   Fax:075-705-4076
   E-Mail:fleur@kyoto-seika.ac.jp
   >>会場へのアクセス >>キャンパスマップ
出品作家:
赤瀬川原平
榎忠
岡崎和郎
シュウゾウ・アヅチ・ガリバー
嶋田美子
富山妙子
村岡三郎
村上友晴
李禹煥
ジョセフ・アルバース
ローリー・トビー・エディソン
クラウディア・テルスタッペン

出品リストはこちらから

ごあいさつ

 京都精華大学ギャラリーフロールは1997年に開館し、1999年3月には博物館相当施設の指定を受けました。現在まで大学主催の企画展・所蔵品展と在学生・卒業生・教職員など大学関係者が企画する申請展の開催、調査研究、学芸員実習の受け入れ、資料収集などの活動を続けており、学内外に開かれたギャラリーとして多くの方々に利用されてきました。

 寄贈・購入による資料収集活動は開館以前より行っており、現在、美術作品、民俗資料約7000点を所蔵しています。今回の所蔵品展では近年の収集活動の核となっている現代美術作品を展示いたします。社会や哲学など現代の問題に向き合う作品、美術家としての造形思考を追及した作品など、テーマや表現は多様ですが、そこには私たちと同じ現代に生き、思考する作家の真摯な態度が示されています。

 本展覧会が本学学生はじめ多くの方々にとって優れた美術作品に触れる良い機会となることを願っております。

2005年11月
京都精華大学

0yen
赤瀬川原平"大日本零円札(2点組)" 1967
lamp
岡崎和郎"電球(ペーパーウェイト)" 1964-68/2000