京都精華大学ギャラリーフロール
戻る
現代美術の視点
現代美術の視点

会 期 2003年4月24日(木)〜5月6日(火)
時 間 10:30〜18:30
休 館 水曜日
会 場 京都精華大学ギャラリーフロール
〒606-8588 京都市左京区岩倉木野町137
Tel:075-702-5230
Fax:075-705-4076
E-Mail:fleur@kyoto-seika.ac.jp
交 通 叡山電車鞍馬線 京都精華大前駅下車
地下鉄烏丸線 国際会館駅下車 スクールバス(日曜運休)
主 催 京都精華大学ギャラリーフロール
  ※入場無料

ごあいさつ

 京都精華大学ギャラリーフロールは1997年10月に開館して以来、現在までに60余りの展覧会を開催してまいりました。その間、1999年3月には博物館相当施設の指定を受けております。
 また、開館以前から収集してまいりました所蔵品の数は美術作品、博物資料などすでに7,000点を越えております。そこで2001年度から毎年「所蔵品展」を開催し、その紹介を行っております。
 今回はギャラリーフロールの作品収集方針の柱の一つである現代美術を特集して展示いたします。タイトルの「現代美術の視点」には、現代の作家がどのような視点で作品を制作しているのかを考えてみようとする意図が込められています。哲学、社会批判、ユーモアなどそのテーマはさまざまですが、いずれも現代という時代をどのように捉え、またその中でどのような行き方をすべきかという、作者の真摯な態度がうかがわれる作品です。
 本展覧会、そして今後開催する「所蔵品展」が、本学学生はじめ多くの方々にとって、優れた美術作品鑑賞の良い機会となることを願っております。
 最後にこれまでの収集にあたってご協力をいただいた多くの皆様に、この場をかりて厚くお礼申し上げます。

京都精華大学ギャラリーフロール