京都精華大学ギャラリーフロール
戻る

会 期 2002年11月1日(金)〜12月15日(日)
時 間 10:30〜18:30
休 館 毎週水曜日
11月9日(土)〜11月18日(月)までは入試のため休館
会 場 京都精華大学ギャラリーフロール
〒606-8588 京都市左京区岩倉木野町137
Tel:075-702-5230
Fax:075-705-4076
E-Mail:fleur@kyoto-seika.ac.jp
交 通 叡山電車鞍馬線 京都精華大前駅下車
地下鉄烏丸線 国際会館駅下車 スクールバス(日曜運休)
主 催 京都精華大学
  ※入場無料



ごあいさつ

 この度、京都精華大学ギャラリーフロールでは「現代の版画〜その多様な表現〜」展を開催いたします。  版画の魅力は、絵画のそれとはまた違ったものがあります。木版、銅版、石版、シルクスクリーンといった種類の多様さもさることながら、版画の特質である間接性や複数性もその表現に独特の広がりを持たせています。特に現代における版画はテーマ、技法とも多様性をきわめ、平面表現に新たな可能性をもたらしています。  本展では、京都精華大学の所蔵作品を中心に国内外の9作家の作品50余点を展示紹介いたします。出品作家には版画を制作の中心とする作家と、絵画や彫刻と並行して版画を制作する作家とが含まれますが、いずれの作品も各々の作家の特質がよくあらわされたものです。  この展覧会が現代版画の多様性と特質を体験する良い機会となることを期待いたします。

2002年11月
京都精華大学ギャラリーフロール




「現在の状態」
フリードリッヒ・メックスパー
(1990/銅版画)

「Raining in kyoto」
白井昭子
(1994/シルクスクリーン)


「Siena,Il Campo」
ヨルグ・シュマイザー
(1983/リトグラフ)

「天地1」
高原威
(1985/インタリオ)

「ISEKI(PYXXXV)」
長岡国人
(1984/銅版画)