京都精華大学ギャラリーフロール
戻る



秋期フィールドワーク報告展
会 期 2002年10月10日(木)〜 10月15日(火)
時 間 10:30〜18:30
会 場 京都精華大学ギャラリーフロール
〒606-8588 京都市左京区岩倉木野町137
Tel:075-702-5230
Fax:075-705-4076
E-Mail:fleur@kyoto-seika.ac.jp
交 通 叡山電車鞍馬線 京都精華大前駅下車
地下鉄烏丸線 国際会館駅下車 スクールバス(日曜運休)
主 催 京都精華大学 人文学部
  ※入場無料



ごあいさつ

 京都精華大学人文学部(人文学科・環境社会学科)では、カリキュラムの中にフィールドワーク科目を置いています。これは、学生が学習・研究の場を学外に求め、現地での生活を通して、『異文化の風』を体験するものです。フィールドワーク科目には、三年次後期を利用して行う長期フィールドワークと、学年には関係なく夏期休暇中を利用して行う短期フィールドワークがあり、今回は、短期フィールドワークの報告展を実施します。

例えば、沖縄でのフィールドワークに参加した学生達は、その期間中に二度の台風に 見舞われ、一方では各自が予定していた研究が思うように捗らなかった可能性も考え られます。しかし、その一方で貴重な体験を通して、現地の人々の生活様式を垣間見 ることができたのも事実ではないかと考えられるのです。遠く離れた京都の地で、視 覚・聴覚的に一つの情報として捉えていたものを、現地にて実際に体験する機会を得 られたことは、今後学生達が学習・研究を進める上で、有形無形の財産になるものと 確信しています。

 そもそもフィールドワークとは、現地に行き帰ってきた時点で終了するのではなく、自らの体験を如何に消化・吸収したかを発表(表現)し、他者の目に触れることが大切ではないかと考えられます。今回のフィールドワーク報告展でも、学生達が多くの体験を通して考えさせられたことについて、報告するものと思われます。この機会により多くの方々に、学生達が持ち帰ってきました『異文化の風』を感じ取って頂ければ幸いです。


京都精華大学人文学部 フィールドワーク委員会