京都精華大学ギャラリーフロール
戻る

展覧会
1999年7月21日(水)〜8月4日(水)
10:30〜18:30(最終日は17:00まで)
会期中無休・入場無料
 
 
本展は、本学学生有志3人の企画者がそれぞれに作品を選び、それらを「ひと もの そのあいだ」をキーワードに、ギャラリーフロールという同じ場所に置いたものです。
阿部こずえさんは、表現活動をしている障害者の絵画、陶芸を展示します。
石川睦美さんは、自分と身体、自分と他者との関わりの中にある視線を見直し、または見つけることをテーマに、写真、陶芸、インスタレーションを展示します。
中野文代さんは、滋賀県朽木村で作られ、使われていた藁細工や、フィールドワーク中やその後に作られた藁細工を展示します。また、会場内では、藁に触ったり、綯ったりできるようになっています。

主  催/ 阿部こずえ 石川睦美 中野文代
協  力/
たんぽぽの家 やまなみ工房
石川のお世話になった方々 朽木村のみなさん
後  援/
せいかあそび
会  場/ 京都精華大学ギャラリーフロール
お問合せ/ 京都精華大学情報館(ギャラリー係)
TEL.075-702-5137
FAX.075-723-1505