京都精華大学ギャラリーフロール
戻る


展覧会
1999年6月8日(火)〜6月19日(土)
10:30〜18:30(最終日は17:00まで)
会期中無休・入場無料


ディレクターより  /  出品作家略歴  /  展覧会  /  展示作品一覧 


今展は森雅子さんを中心とする京都精華大学美術学部卒業生、及び教員である8名の作家による展覧会です。
絵画・陶芸・インスタレーションなどさまざまな形態で制作された4人の「作家」(乾茂樹、佐川晃司、西村歓子、安喜万佐子)の過去の作品を、「企画者」と「協力者」である他の4人(森雅子、大久保嘉恭、芝真由美、袖岡千佳、)が"在るということ"に焦点を合わせて読みとり、自らの作品をも含めて約30点を新たに選び展示します。
展覧会を「作家」から「観者」への作品の発表の場、「点」として考えるのではなく、展覧会後もその作品が提示する問題を「観者」(「作家」も含め)が考え続ける「線の中の一点」として提示するという姿勢を通して、作品が「在り続けること」を探ろうという試みです。

主  催/ 森雅子
会  場/
京都精華大学ギャラリーフロール
ディレクター/
森雅子
お問合せ/
京都精華大学情報館(ギャラリー係)
TEL.075-702-5137
FAX.075-723-1505