木野評論トップへ書籍・出版トップへイベント情報トップへ京都精華大学トップへ
木野評論35号(2004年3月15日発行)
いま、カメラが見つめる先


A5変形版 224頁 定価【本体1,200円(税別)】


■特集■
いま、カメラが見つめる先
-写真表現のトランジション-

巻頭グラビア
「聖なる地」 クラウディア・テルスタッペン

巻頭座談会
「写真のリアルとフィクション」
 荒木経惟、長島有里枝、大竹昭子、鈴木隆之(司会)

【第1部】
視線をめぐるトランジション<転換>
 見るということあるいはもう一つの風景 新良太
 「痕跡」と「指差し」−写真の訳の分からなさをめぐって 長谷正人
 写真を撮ること/撮られることを越えて −写真と観光と人類学 山下晋司
 完了することへの怖れ −「写真家」は視線の主体か? 松野孝一郎
 写真家という特権階級の死 −NYタイムスの
  「ヘルムート・ニュートン、キャデラックの事故死」をめぐって考えたこと
 田中長徳
 ペーパーカメラマンの写真術
   −いいでしょう(自慢してどうする)
 林家ぺー・パー子

【第2部】
記録と報道のトランジション<変化>
 日本・記憶・写真 −イントロダクション 伊藤俊治
 モニュメントとしての写真 −カンボジア トゥール・スレン博物館 浜日出夫
 絵葉書の「真実」 橋爪紳也
 エイズと写真 −スルニ・グプタの試み 笠原美智子
 思い出足枷論 −アルバムのなぜ 川上卓也
 新しいメディアの創出 広河隆一

【第3部】
写真社会のトランジション<移行>
 写真感覚の変容 −プリクラからデジカメ付き携帯電話へ 富田英典
 欲望と誹謗のメディア、カメラ付き携帯 栗田宣義
 「眉唾写真」の魅力 −霊と宇宙人 小池壮彦
 フェティッシュ、アート、モード −フェチ画像にみる性的身体の表象 川村清志
 アイドルの写真集を世界史の中で考える 井上章一
 僕の『写真時代』の時代 末井昭

評論家・写真家・編集者6人による
セレクション・オブ・フォトアルバム

 天野太郎、飯島洋一、潮田登久子、島尾伸三、畑中章宏、吉田秀道

マンガ
「Go Go! カメラ」


【連載】戦争と思想の問題 − 第四回
自閉的日本人にとっての戦争と世界
 宮崎哲弥+鈴木隆之

総力レビュー2002
 映画:新しいハリウッドはX-BOXを救えるか? 前田茂
 環境:ISO14001取得から環境経営へ 服部静枝
 文学と批評:「文学」をめぐる市場原理 辻井南青紀
 芸能と若者文化:なんで・・・世界に一つ?・・・へぇー・・・
   (二〇〇三年の芸能ニッポン) 斎藤光 
 デザイン:領域認識からの理解 -領域の融合 斎藤忠男
 マンガ:抑制のない拡がりが恐ろしい 竹宮惠子
 メディアと社会:「テレビ局 vs 視聴者」の対立構造を超えて 筒井洋一
 戦争とテロ:「国際貢献」と「日の丸」
   -テロの恐怖から戦争の惨禍の忘却へ 松尾真
 ファインアート:ヴェトナムからハリウッドへ
   -Dinh Q. LEの「Shoot Out」について レベッカ・ジェニスン

 執筆者・論者プロフィール
 編集後記


編 集 長 : 鈴木隆之
編集委員: 小林昌夫、斎藤光、佐藤正幸、竹宮惠子、藤岡昭治、山田富秋
編集補佐: 日沖桜皮、大隅直人
デザイン: 大杉泰正、野口啓子
撮影および写真提供:
井之川七重、大隅直人、本間腕、横畠倫子
編集・発行:
 京都精華大学情報館 文化情報課
 京都市左京区岩倉木野町137
 TEL:075-702-5343
 FAX:075-705-4076
 E-mail:bjoho@kyoto-seika.ac.jp
発売:
 株式会社 青幻舎
 京都市中京区三条通東洞院西入
 TEL:075-252-6766
 FAX:075-252-6770
制作:株式会社 桜風舎
製版・印刷:株式会社シンクス

発行日:2004年3月15日